Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度対象の性犯罪、イニシャルで質問?

「各地裁の判断」「最高裁は関係ない」「検討できる立場にない」等々言っていた最高裁ですが、ようやく、何らかの方針を示す見通しである・・・ということです。
裁判員対象の性犯罪裁判 候補に被害者名告げず 最高裁方針 イニシャルなどで質問

裁判員対象の性犯罪裁判 候補に被害者名告げず 最高裁方針 イニシャルなどで質問
(2009年5月30日掲載)

裁判員裁判を実施する各地裁は、強姦(ごうかん)致傷など性犯罪の裁判員選任手続きで、候補者に被害者の氏名は明かさず、イニシャルや年代などにとどめ裁判長が個別の質問で被害者の関係者かどうか確認する見通しであることが、最高裁への30日までの取材で分かった。

裁判員候補者に事件の情報に関する守秘義務はなく、21日の裁判員制度施行に当たり、女性支援団体などが性犯罪被害者のプライバシー保護などを要請していた。 最高裁によると、裁判員裁判では、対象事件ごとに50-100人の候補者を各地裁の裁判員選任手続きに呼び出す。

各地裁は候補者に、まず被告や被害者の名前を含めた事件の概要を説明し、被告や被害者との関係の有無を確認する。それぞれの親族や同居人などは不選任とし、友人や知人などで不公正な裁判をする恐れがあると判断した場合も候補者から外さなければならない。

この概要説明で、性犯罪被害者は「30代のSさん」などとするほか、市区町村の規模により、おおまかな住所地を伝えて、候補者に心当たりがないか尋ねる。  その後、心当たりがあると答えた人には、裁判長が一人一人実施する質問の中で、心当たりのある人の名前を聞き、被害者かどうか確認する。

殺人や傷害致死など性犯罪以外の罪名の対象事件に性暴力が含まれている場合も、被害者情報保護の必要性があれば同様の方法をとるという。
 
裁判官は独立して職務に当たるので、こうしたやり方を一律に徹底することはできないが、最高裁は「事件に応じた裁判員選任手続きの方法は協議を続けてきたので、各地裁は対応を把握している」としている。



「性犯罪被害者は「30代のSさん」などとするほか、市区町村の規模により、おおまかな住所地を伝えて、候補者に心当たりがないか尋ねる。その後、心当たりがあると答えた人には、裁判長が一人一人実施する質問の中で、心当たりのある人の名前を聞き、被害者かどうか確認する。 」とのことです。

まだまだ問題だらけですが、「指針を示さない」と強硬な姿勢であった当初から変わってきているのは、皆様の反対の声が集まり、世論が高まったからです。ありがとうございます。

指針を示してもらったのはよいのですが、何だか、定年に近い50代のオジサンの感覚で、これならいいだろうという意思を感じるのは私だけでしょうか。どうも、現状にそぐわないのを感じます。

「市町村の規模によりおおまかな住所地を」とありますが、市町村合併で、名前が変わり、自分の知っている場所なのかどうかさえわかりません。自分の出身県でさえ、「なんとか市」と言われても、いまいち昔のどの町を含むのか、すぐわかりません。
それに、知り合い全ての住所をすぐ思い出せる人、どれだけいるでしょうか。自分の知り合いの家族だったり、自分の家族の知り合いだったら、どうでしょう。知り合いではあっても把握しきれません。そもそも、どこまでを知り合いとするのか。

また、仲が良くても、住所は知らない、もしくはおおまかな住所しか知らない、ということも多いと思います。それに、引越していたりしたら把握しきれません。
年賀状全てをめくる?いえいえ、年賀状のやりとりさえ、限られた人としかしない人もいます。

性犯罪被害者でなくても、男性には、住所を知らせないという方針の女性もたくさんいます。
疎遠になりたい人には、引越しを機に、住所を教えないということもあります。そういう人(疎遠になりたい相手)が選ばれたら?

まだまだ不十分です。
やはり、性犯罪は裁判員制度の対象外にするしかないと思います。
国の制度不備で、男社会で何も考えていなくて、今あわてて考え出したところで、そんな急ごしらえの方法で、実施されるなんて、迷惑はなはだしいです。

しかし、少しは動きが出てきました。どんどん回答を変える最高裁。裁判官は各独立しているとは憲法上、形式上であり、実際は組織として上の立場なものですから、現場の裁判官から相談の声が集まっているんでしょうね。法曹界ってそういうものです。

どんどん問題点を指摘していけば、最高裁は逃げても、現場である地裁で、さらに改善してもらえるのではないかと期待が持てました。皆さまが世論を盛り上げてくださったおかげです。感謝してやみません。ありがとうございます。

どうか今後ともよろしくお願いいたします。




ぜひこちらのサイトもご覧ください。
※参考サイト  
裁判員制度における性暴力事件を考える 
スポンサーサイト

被害にあわれた方へ メッセージ

被害に遭われた方へ

まず、あなたに伝えたいのは、あなたは決して悪くないということです。

どんな事情であっても、悪いのは加害者であり、あなたは決して悪くないのです。

病院での診察、警察や検察での取り調べ等、とても不安だったのではないでしょうか。
たくさん嫌なことを聞かれ、言いたくないことも話さなくてはならなかったのではないでしょうか。
もしかしたら、自分が自分でないような不思議な感じになってしまったり、感情がまひしてしまったように感じたり、あるいは、ひどいフラッシュバックでずっと恐ろしい思いをして苦しんでいるのではないでしょうか。傷ついているあなたが、そうやって必死に痛みと闘っているのを思うと、とても心配です。


もしかしたら、誰にも言えずに、どこに行っていいかわからずに、自分の胸にしまいこんでいるかもしれません。それはそれで、とても辛いことだと思います。


私が被害に遭った時、まさか自分がそんなことに巻き込まれるなんて思ってもいなかったので、
これからどうなるのか、どうすればいいのか、全くわかりませんでした。
誰か同じ思いをした人はいないのだろうか。そう思っても、自分のまわりにはいない。自分だけが変になってしまった。変わってしまった。そう思って、とても孤独だと思いました。
誰か、どうすればいいか教えてほしいとも思ったり、でも、同じ思いをした人の話を聞くことも怖いと思ったりの繰り返しでした。
いったいどうすればいいのか、まったくわかりませんでした。


どうして自分が・・・。何度考えても答えが出ませんでした。あのときああしていれば。こうしていれば。
何度も何度も考えて自分をより苦しめていました。
もしかしたらあなたも、答えのない答えを考えて、より傷ついてしまっているのではないかとも、心配しています。

あなたのせいではないのです。あなたは、何も悪くないのです。あなたの身に起きたことは不本意なことであって、あなた自身は、何も変わってなどいないのです。

不本意に、悪意ある加害者によって傷つけられるということは、本当に許せない、あってはならないことです。
どんなに、怖かったことでしょう。恐ろしかったことでしょう。今でも怖いかもしれません。
それだけ恐ろしい思いをしたのだから、いろんな反応が出て、当然です。
どういう心の反応が出ても、身体の症状が出ても、当然のことです。あなたがおかしくなったということではありません。

あなたはとても辛い経験をし、今もその苦しみの渦中にいるのではないか、そう思うと、今すぐとんでいって、大丈夫だよ、と安心させてあげたい、とさえ思います。

わたしは、どうしても、あなたを守りたいと思っています。
絶対に、これ以上、あなたが傷つくことがあってはならない。そう思って、活動しています。

どうか、ご自分を責めないでください。
何度でもいいます。あなたは決して悪くないのです。

心の傷は見えない分、なかなか理解してもらいづらいかと思います。
もしかしたら、周囲の人も、あなたを大事に思うあまり、どこにも向けようのない怒りを感じて、それをあなたにぶつけてしまい、あなたはそれでさらに傷つくかもしれません。
もしかしたら、あなたは、反応できないほど傷ついているかもしれません。
自分のせいだと、そう思って、より苦しんでいるのではないかと心配です。

突然こんなことに巻き込まれて、どんなに不安で、怖くて、どうしていいかわからない、誰に相談していいかわからない。そう思って、ひとり悩んでいるのではないかと心配です。

とても警戒心が強くなってしまったり、自暴自棄になってしまったり、逆に、誰かに助けてほしいと強く願ったり。いろんな思いを経験しました。
ケアしてくださっている方にも、うまく話せず、そういう自分が悪いのだとさえ責めたりもしました。
ただただ、どうしていいかわからないまま、毎日、なんとか一日をすごすのが精一杯でした。

誰にも話せない。誰にも相談できない。そういうふうに孤独感を感じて、とても悲しくなるときもあるかもしれません。
そう思って辛くなったときは、どうぞ、遠慮なく、私にメールしてください。
もちろん匿名で構いません。話したくないことを無理に話す必要はありません。話したいときに、話したいことだけ、話してください。

もしかしたら、わたしが知っていることで、お役にたてることがあるかもしれません。
あなたを、心から、支えたいと、そう、思っています。
あなたの痛みを、悲しさを、悔しさを、怒りを、わかりたいと、思っています。
あなたがどんなことを思っても、感じても、どんな選択をしても、わたしは、あなたの味方でありたいと、そう思っています。

どうか、希望を捨てないでください。
あなたは、何も変わってなどいない、前と同じ、素敵な女性のままなのですから。
あなたは、誰にとっても、大事な大事な存在のままなのですから。



性犯罪における、裁判員制度の問題点

裁判員候補者の守秘義務の問題、性犯罪被害者の個人情報の問題についての問題が発端となって、今回の騒動となったわけだが、実は、問題は、守秘義務のことだけではない。性犯罪を裁判員制度の対象にすること自体に、大きく無理がある。

裁判員制度が始まった21日、あちこちのテレビで、法廷の様子が映し出されていた。
大きなスクリーンとは別に、裁判官だけでなく、裁判員にも、各席モニターが用意されていた。
大変ショックだった。やはり、裁判員も、裁判官と同様に、ビデオリンク制度を使ったにしても、被害者の顔、表情を見ることができるのか。


また、裁判員は証拠物件を精査することが求められる。写真だけではなく、現物も使う可能性もあるという。そして、証人にも、被告人にも、質問する権利がある。

通常の事件の場合は特に問題はないだろう。事件の真相を明らかにするという意味で、大きな意味はあるだろう。

だが性犯罪の場合、被害者は証人である。もちろん目撃者等がいれば証人となる可能性もあるだろうが、そういう第三者が絡まない場合、証人はほぼ、被害者である。
そして、性犯罪の場合、容疑自体を否認したり、それが無理な場合には合意を主張してくる輩が非常に多い。腹立たしい限りだ。

仮に、加害者が容疑を認めず、検察から証人として採用され、被害者が出廷することになったとしよう。そうなった場合、被害者の精神的苦痛はいかばかりか。
理解されにくいかもしれないが、加害者が法廷にいる、その同じ空間へいくということさえ、あまりに恐怖が強い。たとえビデオリンク制度を使ったにしろ、同じ建物にいるということだけでも、とても、とても、怖いのだ。
さらに、裁判が公開の場である以上、大勢の傍聴人が聞いている中、事件のことを話さないといけないというのは、精神的苦痛が大きすぎる。

それに加え、この裁判員制度で、
被害者にとって見られたくない証拠を司法関係者のみならず、一般市民である裁判員にも見られるのだ。忘れ去りたい記憶を、証拠として目の前につきつけられ、さらに質問さえされる可能性があるどこまで被害者を追い詰めるつもりなのか。
あまりにひどい。ひどすぎる。被害者の方の気持ちを考えると、胸が張り裂けそうな、身が引き裂かれるような思いだ。

このことは、アジア女性資料センター様のサイトで、

裁判員制度:性犯罪被害者への二次被害のおそれ――ある性犯罪被害者の方からのメッセージというかたちで、取り上げていただくことができた。

アジア女性資料センター様、ありがとうございました。

一部生々しい表現が含まれているので、フラッシュバックする可能性がある方は、読むかどうかも含め、体調とご相談の上、お決めいただければと思います。






ぜひこちらのサイトもご覧ください。
※参考サイト  
裁判員制度における性暴力事件を考える 

裁判員制度と性犯罪 (これまでの経緯 1)

裁判員制度の対象に性犯罪が含まれている。

だがしかし、現行の法律では、性犯罪においては、被害者の氏名住所等は、裁判中には伏せられるようになっている。
また、性犯罪の被害者の心理的重圧を考慮したうえで、ビデオリンク制度、パーティションでしきった遮へい措置などもとられている。

なので、当然ながら、裁判員制度において、性犯罪も何らかの配慮はされるはず。
そう、思っていた。私だけでなく、誰もが。被害者当事者も、各支援団体も、弁護士でさえも。

ところがどうだろう。5/6付けの読売新聞(オンライン)を偶然見つけて、愕然とした。まさに、さーっと音をたてて全身の血の気がひくのを感じたほどのショックだった。性犯罪被害者の個人情報が、裁判員候補者全員に知らされ、裁判員に選ばれなかった候補者は守秘義務さえないという。性犯罪被害者名も裁判員候補に開示、情報流出懸念の声

これを知ったのが5/12のことである。いてもたってもいられず、犯罪被害者支援をしている団体等にあちこち問い合わせたが、ほぼ誰もこのことをご存じなかった状態だ。

最高裁に問い合わせても、曖昧な返事で、「順番に回答しているから時間がかかる」の一点張りだった。13日に問い合わせたにも関わらず、当初は回答に10日ほどかかると。21日開始なのだからと、なんとか19日に回答してもらうよう約束を取り付けたが、それも悲しい回答だった。詳細は改めたいと思う。

しかしその間、続々と集まってきた情報では、メディアや問い合わせる団体によって、指針を示すだの示さないだの、くるくると回答内容が変わり、「例えば」の内容さえ微妙に変わっていた。曖昧なことばかり言って、最終的には、当初の回答を覆せないとわかり、最高裁はそもそも運用の細かい点には関与できる立場ではないため、各地裁の判断にまかせるとのこと。
有識者会議等を最高裁で行ってきた意味は何なのだろう。
ご協力者様によると、法務省は運用については最高裁が行っていると丸投げ。問題点としての認識もなかった模様。

司法の現場でも、性犯罪について無理解で無知であり、そして、考慮するという意識がなさすぎる、いや全くなかったのだ、ということが今回わかった。
要するに、この問題は、大きな矛盾を抱えているにも関わらず、全く手をつけることなく放置されていたということだ。そして、こんなにも重大な欠陥が明らかになったにも関わらず、どこも何の根本的解決策を示すことができないまま、裁判員制度が始まった次第である。

問題は、裁判員候補者の中で、裁判員に選ばれなかった人は、守秘義務なく、被害者の個人情報を知ることにある。事件との関係性の有無において、被告人、被害者の関係者かどうかを確かめるためということだが、性犯罪において、被害者の個人情報の保護はとても重要だ。

しつこいようだが、性犯罪の特殊性、他の犯罪との相違点というのはやはり大きく、その点で被害者のプライバシー保護、何より人権保護の点で、氏名朗読が伏せられたり、ビデオリンク制度や遮へい措置の導入がなされてきたわけだ。

悪意ある第三者によって、情報がひとりあるきした結果、とんでもない事態になるということを、なぜわからないのだろう。二次被害どころか、三次被害を招くようなものだ。

二次被害を経験した者として、いてもたってもいられず、この問題を知ってから、あちこちの関心を持ってくれそうな団体や個人へ、電話やメール等で、必死に、SOSを発信した。性暴力被害者援助の研修や、性暴力支援の講座等を行っているNPO法人 女性の安全と健康のための支援教育センター
さまを通じて、つながりのある、アジア女性資料センター様にて、緊急署名というかたちで、わずか3日でアクションを起こしていただくことができた。
そして、メディアにもとりあげていただくことができ、多くの方に問題を知ってもらうことができた。

匿名の被害者からの、SOSを真剣に受け止めて、労を惜しまず動いてくださる方がこんなにもいらっしゃることに、感謝してやみません。
土日もかかわらず、最高裁への要請文、質問状を急遽作っていただき、緊急署名を行っていただいたアジア女性資料センターの皆さま、SOSをすばやくキャッチして動いてくださった支援教育センターの皆さま、改めて、御礼を申し上げます。ありがとうございました。
そして多くの個人の方の呼びかけ、情報交換、問い合わせ等も、この動きの大きな後押しとなったと聞いています。心より、御礼申し上げます。ありがとうございました。いくら感謝してもしきれないくらいです。

そして、署名をしてくださった皆様、メール転送やブログ等で、署名をあちこちに呼びかけてくださった皆様。本当に、お力添え、ありがとうございました。

思わぬところまで、私のSOSメールが届いていて、丁寧なご返信をいただいたり、励ましのお言葉をいただくなど、とても救われる思いでした。

警察や検察、裁判だけでなく、情報流出により、たくさんの人に傷つけられることが多かったけれど、こんなにも多くの方が、危機感を持って、被害者の人権を守ろうとしてくださったこと。
大げさでもなんでもなく、生きていて良かった。大げさでもなんでもなく、素直に、そう、思いました。
まだまだ根本的解決までの道のりはまだ遠いですが、これからも、がんばろうという、パワーを、元気をもらうことができました。

皆さまの、あたたかいお心遣い、お力添え、心より御礼申し上げます。
どうか今後とも、よろしくお願いいたします。


ぜひこちらのサイトもご覧ください。
※参考サイト  
裁判員制度における性暴力事件を考える  

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    04 | 2009/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。