Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冊子「『あなたは悪くない』と言ってあげられますか?」のご紹介

性暴力をなくそうキャンペーンの一環として、小林美佳さん、大薮順子さんがつくられた冊子のことが、新聞等で紹介されましたので、こちらでもご紹介させていただきます。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=16598より転載
(※冊子の写真もあるので、ぜひご覧ください)

性暴力の実情 冊子で訴え…被害者ら対処法も紹介


性暴力の被害に遭った女性2人が、被害者やその家族・友人などに向けた冊子「『あなたは悪くない』と言ってあげられますか?」=写真=を発行した。

 冊子を作ったのは、被害体験を実名で出版した小林美佳さん(34)と、アメリカを中心に活動しているフォトジャーナリストの大藪順子(おおやぶのぶこ)さん(38)。講演会や写真展などで、それぞれ性暴力防止を訴えてきた。被害者が心身を深く傷つけられるだけでなく、周囲の誤解や偏見に苦しめられる実情を、社会に訴えたいという思いで一致。昨年、2人で「性暴力をなくそうキャンペーン」をスタートした。

 冊子はキャンペーンの一環として作成。タイトルには、被害者が責められやすいこの犯罪の実情を知ってほしいという思いを込めた。性暴力の実例を紹介したうえで、性暴力にまつわる「誤解」の例を列記している。

 例えばレイプは「夜道で見知らぬ人」にされるのではなく、知り合いによる例が多いことを内閣府の調査をもとに紹介。また「合意の上だったのでは」「嫌だったら助けを求められるはず」など周囲の誤解と偏見が、被害者を苦しめることなどを解説している。

 そして、被害に遭ったり被害を相談されたりしたら、〈1〉交番より警察署の性犯罪被害者対策室に連絡する〈2〉妊娠の恐れがある場合はピルによる緊急避妊の方法がある〈3〉証拠保全のために入浴しない――などの対処法も盛り込んだ。

 A5判、16ページ。1冊100円(送料別)で希望者へ郵送している。「NPO法人全国女性シェルターネット気付」と書いて、冊数と住所、氏名、連絡先を記し、ファクス(03・3235・9684)で申し込む。

 小林さんは「性暴力とはどういうものか、多くの人に知ってほしい。今後は、相談窓口の開設など活動を広げ、被害者支援と法整備の充実を訴えていきたい」と話している。

(2009年11月7日 読売新聞)




ぜひ多くの方に、読んでいただきたいと思っています。
ささやかながら、私も、配布先を探そうと思います。

本当に悲しいことですが、
いつ、誰が、被害に遭うかわかりません。
年齢も性別も関係ありません。

性暴力の実態を知ってほしい、正しい知識を持ってほしい。
多くの方に、読んでほしいと思います。


※こちらは性暴力に理解のある方限定とさせていただいています。同じ内容を別館にもあげています。http://d.hatena.ne.jp/manysided/20091108
スポンサーサイト

被害者に口なし

某芸能人の公判の模様の報道を見て。
「たぶん差はここ」のエントリで書いたことは、やはり当たっているのだなと思った。

被告人が、一緒にいた女性が亡くなったのをいいことに
(それについての裁判は別途行われるようで、捜査中とか)、
勝手なことを言っている、「死人に口なし」作戦だ、と報じられている。


個別の事件をとりあげるのは、
性犯罪被害者としてだけではなく犯罪被害者としても気が重いのだけれど。

たしかに容態急変したのに放置したとか、ありえないことをしている。
で、それ以外の言動についても苦しすぎる弁明をしているとか。

※どうしても性がどこかで絡む事件ではそうなるのかもしれないけれど、
このあたりは性的な表現がばっちしあったので、検索するのはやめておいた方がいいと思う。


思ったこと。


亡くなられたことを軽んじるつもりは全くないのだけれど。

どうにもこうにも世間との違和感を感じる私には、
「死人に口なし」というよりも、
「被害者に口なし」という表現が正しいのではと思ってしまう。


だって生きていても、裁判では、
被害者のことを好き勝手に被告人が嘘八百ならべる。

しかも、このように注目されている事件なら、
検察官も厳しい追及をするけれど、
そうでなければ、
ほんとうに検察官って何もしないし、
何をしたいのかがわからない。

私だけかとも思ったけれど、どうやらそれが普通のようです。



※しかし、なんらかのコミュニケーション障害なのではと思ったほど
 ひどい検察官だったので、もちろん当たり外れはあるだろう。

※年齢の割りにずっと窓際族そのものの異動をくりかえしていたけれど、
 いつのまにか高等検察庁に異動になっていた。
※裁判員裁判が始まるので、人前に出せない無能者は隠しておこうという
 臭いものには蓋人事なのかもしれない。
※存在が迷惑なのでいっそ辞めてくれと思うけれど、
 ああいうのに限って、検察官を辞めたら
 弁護士としては食べていけないので、辞めないんだろうなと思うのである。



私のときの公判担当の検事は、

・連絡さえ逃げる
・弁護士をつけてからも、あまり変わらなかった
・時間つぶしで本当に全く何も追及しなかった
 (示談するのを待っていた模様、出廷すると言うと慌てていたそうな)
・調書も読んでない
・裁判官が少し質問したくらいで、ヤツは全く何もしなかった
 (法廷にいただけ)

・何百ページにわたる、加害者が書いた上申書という名の嘘八百てんこもりのポルノ小説、
 吐きそうになりながら相違点をチェックして書き込んだのに、
 全く何もしなかった。ポイントくらい押さえてくれ。
・加害者は法廷でも私について、嘘八百言っていたけど、放置。
 結婚してほしいと私が言っただの、
 私が何股もかけていただの、
 はては私の体についても卑猥(という表現しか思い浮かばない)なことを言っていたらしい。
・とにかくありえないのだ。
 裁判は出来レースなので、はっきり言っちゃうと、検察官も裁判官も、誰にでも務まる仕事だと思う。
 なら私も適当にすればよかった、と思うけれど、こっちは命がかかっているのでね・・・


今書いていて思ったけれど、
彼は争点が何か、というものさえわからなかったのではないか。
というより把握するつもりさえなかった。
全面否認している加害者なので、もう全てが食い違っているのだけれど、
それを整理するということさえ、していなかったのだな、と思う。
というか、コロコロ供述変えるのさえも追及しないのって、どうなんだ、と思う。

言うことすべてに反論するのはそれは大変だろう。
でも、仕事だろう。
そんな点も??と思うくらい、
大きなところさえも何も質問しない、追及しない、というのはおかしすぎる。
調書、読んでないとしか思えなかった。
私自身が中傷されたことよりも、事実を追及するというのをしなかったというのが、
すごく悲しいし悔しい。
(誹謗中傷は、加害者だけでなく、他からもずっと続いていたので・・・)


刑事裁判なのに。


本当に迷惑な税金泥棒だ。


このエントリ、
自分のことは少し茶化して書いたつもり(でないと書けない)なので、
読んだ方には、たぶんよくわからない点が多いかもしれないけれど、
ちょっと詳細に書くのは本当に無理・・・。

本当に、何度、テロをおこそうかと思ったかわからないくらい、
この検察官への怒りはなかなかおさまらない。
書けばキリがないくらい、彼はおかしかった。もしくは何もしなさすぎた。
今、少しだけれどこうして書けるようになっただけでも、私にとっては大きな進歩だ。

本当に、彼がもっと頑張っていれば、
他に何百人と被害者が出ることはなかったのに。
私が苦しむのは変だなあと最近ようやく思えるようになったけれど。

法定義も判例も変だけど、それでも、納得できないものを感じる。

彼はもっと自分の仕事に、責任の重さを感じてほしい。
それができないのなら、本当に、辞めてほしい。

最高裁だけじゃなくて、全ての裁判官にも何らかの形で国民審査をするべきだと
私は思っているけれど、
検察官にももっと考えてもらわなくては。
実際に被害に遭った人だけじゃなくて、他にも多くの犠牲者が出てしまう。
性犯罪の場合は特に。


なんだかちっともまとまっていないけれど、
頭ががんがんと痛くなってきたのでこのへんで。



別館にも同じエントリをあげます。
こちらは性暴力に理解のある方限定ということでお願いします。

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    10 | 2009/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。