Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってほしい気持ちの行方

わかってほしい、という気持ち。
中途半端な同情や、説教なんていらない。
ただ、理解してほしい。
理解できなくても、理解してほしい。

その想いが強すぎて、
よくないなぁと思うことがある。

失敗したな・・・とも。


その人にとって大切なものに関わるものであれば、
それを否定したり押し付けたりするのは、
単なる私のエゴだ。

うまく距離がとれないというか、
ふみこみすぎた、ごめんなさい、
と思うとき。

申し訳ないなあと思う。


わたし自身、当初はよくわからなかったけど、
まあそう思うのも仕方ないよね・・・と
少し相手のことを理解できるかな、と思うときがあるのだから、
相手だって、すぐにわかってもらえるわけじゃない。

特に、「被害者」というのを明らかにすると、
わかってほしい、という意図が、
どうもずれて捉えられているように思ったりもする。
うまく言葉にできなくて、違和感を感じるのだけれど。
(このあたりはまた言葉が見つかったら書く)


曖昧なのが苦手なわたし。
はっきり言ってよ、と思うことが多いのだけれど。
はっきり言いたくない、
相手を傷つけたくない、
もしくははっきり言うことに慣れていないのであれば、
それを、相手に求めるのも、エゴだろう。

はっきり言ってよ、と思うとき、
たいてい、私もはっきり言うから。
なんてことを思ってしまっているのだ。
要するに自分がはっきり言いたいだけで、
そして、相手の心を把握したいだけなのだな、と。

最近、これに気付いたのだけれど。

気付いてからは、
はっきり言いたい権利も、
はっきり言いたくない権利も、
両方同じくらい尊重されなくてはならないと思うようになった。


アサーティブネス、アサーション、等の言葉で語られる、
「自分も相手も大切にして主張する」
というのは、本当に難しいと思う。

アサーティブに慣れると、
アサーティブでない相手に、
いらいらっとしてしまう時期があると聞いた。
確かにそのとおりだ。
でも、それも、私のエゴにすぎない。


カウンセラーの先生に、
アサーティブでいるのがいい、ということと、
アサーティブでいるのが自分では楽、ということの
違いは何かしら。
と言われて。

上に書いたようなことに、気付いたのだった。


特にうちのパートナーは、
とにかく曖昧が大好きなので、
それこそ本気でいらいらすることもあるけれど。
それはそれなりにいい点でもあるのだろう。
なぜなら、この人のゆるやかさに、ずいぶん助けられてもいるのだから。
(ゆるやかすぎて、「別れなさーい」と心配されたりもするけれど)


昨日今日と、綺麗な夕やけを2日続けて見ることができた。
オレンジのような赤紫のような、雲の色を見ながら、ふと思ったこと。


たぶん、私は、
公平、平等、というものを、すごく求めてしまうのだろう。


そして、
わかってほしい、というエネルギーがすごく強くて、
自分でももてあましてしまうほどだ。


何を言っても、何をしても無駄、という、
学習性無力感から抜け出すことができたのはいいけれど。
今度は、逆に、わかってほしい、知ってほしい、というエネルギーの調節に、一苦労してしまう。

でも、わかってほしい、知ってほしい、と思うことと、
だから、あなたもこう思ってほしい、と押し付けるのは違うのだ。
それは自戒していたつもりだけれど、
エネルギーが強すぎて、相手には脅威に思ったりもするのだろう。


あんまり相手を追いつめないように、と、
リアルの知り合いにさりげなく言われたりもするので、
たしかに、理詰めで相手を窮屈にさせてしまうところもあるのだろう。
(田舎に住んでいるし・・・)

それがいいように働くこともあるけれど。
本来の「敵」でない相手には、すごく居心地が悪い。


口が達者と言われるけど、
でも、やりこめて満足することは私はないのだ。
大切な相手であればあるほど。
むしろ、落ち込んでしまう。


ずぼらなくせに、変に完ぺき主義なところもあって。
うまくやろうとすると、やる前からすごく疲れてしまったりもする。
そういうような悩みを話すと、
「最終目標を、その都度たてる」と、アドバイスしてもらった。

とても大切なこと。
忘れてしまうと、なにがなんだかわからなくなってしまう。
胸に刻もう。


アサーティブ・ウーマン―自分も相手も大切にする自己表現 (わたしらしさの発見)アサーティブ・ウーマン―自分も相手も大切にする自己表現 (わたしらしさの発見)
(1995/12)
スタンリー フェルプスナンシー オースティン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

声を聴かせてください

ブログにはあまり書けないのですが、
水面下で動いてはいます。
加害者や加害者親族、そして二次加害者や三次加害者に、
居場所を知られたくないので、あまり書けないのですが・・・


簡単に言うと、
私なりの「働きかけ」を行っております。
恥をかきたくない、というだけかもしれませんが、
聞く姿勢を持ってくれています。
ま、あまり期待できないな、と思ったところについても、
最初のひどさに比べると、少しは変化を見せております。

なにしろ、民事と刑事では、性犯罪は十年くらい、状況が違いますので、
彼らなりの勉強する姿勢はあります。
とはいえ、「そこからかいっ」と言いたくなるくらいですが・・・。

曖昧に書くしかできないので、変な表現になりますが。
ものすごく生意気なことを承知で言うと・・・
母のような海のような広い広い心で(苦笑)
「・・・するのよ~」「・・・しちゃだめですよ~」
と念押ししながら、
「しっかりおやり~」とお尻を叩いているようなものです。

機嫌を損ねないよう、聞いてもらえるよう、言葉や言い方を選びながら。
(とはいえ、一部失敗したりもしているのです。)
話し方も難しいし、資料も段階に応じて選ばなくてはならないです。

今のところ、そういう形で、遠方から攻めていくしかないように思います。
「神話」をくつがえすために。
歯がゆいように思いますが、
結局は人なので、
聞く耳を持ってくれている人を、大事にしようと思います。
遠回りではあっても、近道になることもあるかもしれません。
案外、ちょっとしたことが、大切なのだなと最近思います。


道のりはまだまだ遠いですが、
でも、やってみるものだな、と思います。
相手にもよるのでしょうが、
改善しようという気配が見えると、
私は素直に嬉しいです。



その他、これをしたいな、と、現時点で考えていること。

・判例を変えよう運動
・不起訴理由のおかしさを指摘しよう運動

伝える手段は、模索中です。
しかし、簡単な報道でしか詳細がわからないので、難しいなとも思います。
ただ、とにかく、関係者は「神話」を信じきっているので、
いろんな角度から崩していくことが必要なのは間違いないでしょう。

これは長年継続してやっていく必要があると思います。



方法は思いつかないけれど突破口を探していること

・取調べ可視化を、性犯罪被害者を対象に、先に導入してほしい
(質問され、それに答えたものが、正確に反映されずに物語調でつくられる調書。
 これをなんとかしたいです。あまりに精神的負担が大きすぎます)
・被害者が示談する意味、したくてするわけではない、ということを訴えて、
 刑事裁判における示談の扱いを変える

等々、です。
現時点では、理解してくれそうな人に、伝えている段階です。
これを、どうやって、影響力のある人に働きかけるか、が問題です。


細かく分けると他にも山ほどあるのですが・・・
報道のあり方や、記者クラブに自動的にいってしまう情報の扱い方、
なども、重要だと思います。
ネット社会、情報化社会で、どこからどう情報がいくのか、
怖いなとつくづく思います。

あまりに根深く多岐にわたる問題だらけですが、
小さな動きでも、積み重ねることが大切なのかもしれないと思います。
いつか、大きな流れの一部となれば、とても嬉しいです。


被害に遭われた方、
もしよろしければ、
あなたの声を、聴かせてください。

わたし自身の知らないことが、まだ、たくさんあると思います。

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    10 | 2009/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。