Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つリンク追加


http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/1000/129601.html#more
より
***********************************************************
◆「SARC(サーク)とうきょう」
      (性暴力救援センター・東京)

今年6月に開設された性暴力被害のワンストップセンター。
24時間、相談員が電話対応している。

電話:03-5607-0799

http://mobilesaq-en.mymp.jp/
************************************************************





http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY201205150234.htmlに関連記事
***************************************************************************

性暴力被害、24時間支援 6月から東京で電話相談開始

 性暴力にあった女性と子どもを被害後早くから支えようと、DV(ドメスティックバイオレンス)などの問題にとりくんできた女性たちが「性暴力救援センター・東京」を結成した。6月から24時間の電話相談を受け付け、早期の医療ケアに結びつけていく取り組みを始める。

 性被害の場合、早く産婦人科に行って適切な処置を受けられれば妊娠を防げる可能性が高くなり、心身の回復にもつながりやすいとされる。ただ、被害を周囲に話したり、病院に行ったりするのをためらう人が多いのが特徴だ。

 こうした課題を解消するため、安心して話せる相談窓口の整備や受け入れる医療体制づくりが各地で進んでいる。大阪では一昨年春に民間の「性暴力救援センター・大阪」が病院内に専用診察室を設けて電話相談を始めた。その夏には、愛知県警などが「ハートフルステーションあいち」をスタート。6月からは佐賀県も始める予定。東京のセンター結成もこうした取り組みの一つだ。

 センターの代表は東京都江戸川区のまつしま病院(産科、婦人科、小児科、心療内科)の佐々木静子院長が務める。事務局長の平川和子・東京フェミニストセラピィセンター所長は、被害から何年もたって相談に来る女性たちにカウンセラーとして接してきた。「被害直後からのケアが、どうしても必要。急性期のケアができる場所をつくれば、いろんな支援につながりやすい」と語る。

 電話を受けるのは、NPO法人「女性の安全と健康のための支援教育センター」による性暴力被害者支援看護職養成講座(40時間)を修了した看護師ら。必要に応じて、弁護士や精神科医、シェルター(避難所)も紹介する。本人が望めば警察に通報する。

 電話相談の番号は03・5607・0799。相談は電話・面接とも無料。活動費は寄付を募っていく。(編集委員・河原理子)


***************************************************************************
スポンサーサイト

勇気があるから訴えたわけではない

少し自分のことを書いてみたいと思う。
自分のことを書くのはかなりエネルギーがいるので、とりとめのない文章や誤字脱字があるかもしれないけれど、勢いにまかせて書きたいことを書く。



私は警察→犯人逮捕→起訴→裁判、となったわけで、
殆どの人が警察に行けない、行ったとしても門前払いされたり、うそつき呼ばわりされて屈辱と憤り、重い悲しみを抱えて引き下がるしかなかったり、被害届を受け付けてもらえなかったり、告訴するなと圧力かけられたり、などなどで、みんな大変な思いをしているわけです。

で、なんとかふんばっても、結局は不起訴になることが多いわけです。
あまりの過酷さに被害者が途中で断念して示談するしかなくなったりもします。

最近は警察が被害者の情報を加害者に教えるのは問題外、みたいにニュースにまでなったりするけど、私が被害にあったときは、むしろ警察が積極的に示談のために弁護士とか加害者とか加害者の親族とかに被害者の情報を教えるの普通でした。
弁護士が示談を強要した、ということで被害女性が裁判を起こして勝った事例も最近あり、本当に必要なことだとつくづく思い、裁判を起こしてくれた方に感謝の気持ちがいっぱいになって、自分の悔しさを思って泣いたこともあった。

刑事裁判すると特定されやすいということもあって、なかなか発言するのが難しかったりします。
訴えなければもっといろんな形で話せるのに、と歯がゆく思ったりもします。
正直、訴えなければよかったと何度も思いましたし、今もそう思うときもあります。

私が違和感を覚えるのは「訴えて勇気があったね」というような言葉をかけられたとき。
訴えなかったらずっとあのストーカーの日々が続いてまた同じことされるのに?
正直、また犯人の顔を見ることを考えたら耐えられなかった。助けてほしかった。もうずっといつ殺されるかわからないと思っていたから。
ううん、理屈じゃなく、もう恐怖でいっぱいで、あんなやつが私の周囲を今後もうろつくなんて、耐えられなかった。恐怖で、頭で考えてのことじゃなくて、ほんとに理屈じゃなくて、ひどい恐怖でなんとかしてくれと思った。

いろんな小さな幸運(かどうかはわからない、例えば加害者にたくさん前科があったこととか)が重なってなんとか起訴されたわけですが、
保釈申請するだの、加害者の親からは呪い殺すだの、弁護士はアポなし訪問してびびらせて精神的に追いつめて示談に持ち込もうと何度もやってくるし、本当に地獄の日々でした。

加害者を監督する立場の人間に突然呼び出され(こっちの身元を知られてるのがまずものすごく嫌です)、謝りたいという名目で呼び出され、その割に謝罪の言葉は一切なく、
加害者にはほとほと迷惑していたが合法的に?追い出せないので困っていた。示談とかせずに最後まで頑張ってほしいとかわけのわからないことを言われたり。ってかお前らも傷害やら器物破損とかで訴えろよって今なら言うけど、こんなに腐った奴らばかり世の中にいっぱいいるということを知らなかった私。

罰してほしい、と冷静で、相手を許せないと憎んで訴えていたらもっと気持ち的に楽だったかもしれないと思う。闘志があれば。
私の場合はもちろん許せないし激しい憤りから憎悪を感じもしたけれど、それも本当に苦しかったけど、主な動機は恐怖だったから。
ちょっとのむこうの攻撃でダメージを受けた。実際、ダメージ食らったけど。プライバシーなんて壊されたも同然。それでも出てきたら殺される、報復される、という恐怖が新たに加わりあとにひけなくなった。
ふつうに考えたらもう何もしないよ、したら加害者は終わりなんだから、と、何人もの人に言われたけれど、なにしろ加害者は異常すぎて、普通の人の理屈なんて通用しないのだ。それを一番わかってるのは付きまとわれていた間にいろんな暴力行為、破壊行為を目にしてきた私。


恐怖心で、もう私に危害を加えないでほしい、という一心で、助けを求めた結果が警察に行ったことだから、勇気があるとかそういうのじゃなくて、逆だと思う。
勇気があったら、逆に訴えないで、どうやってヤツを弱体化させるか戦略を練ったと思う。頼りにならない司法システムなんか使わないで。そのときはこんなにも警察も検察も裁判もこんなにもダメで、被害者ってこんなにもひどく扱われるものなんだ、という知識がなかったからできたこと。勇気があったなんてとんでもない。全くなかったんじゃないだろうか逆に。
今は少しはましになってはいるけれど、やっぱりだめだ。
証拠がない、だの、信頼性にかける、だの、なんだかんだいって警察は性犯罪に動かない。
全国の警察で、性犯罪課をつくればいいのに。刑事課の頭の悪い刑事たちはもうほんとに嫌だ。殺人事件とかで所轄の刑事は下働きで、本部からやってきたエリート警察官が仕切る、っていうのに反発するのがドラマとか映画とかで描かれてるけど、だって警察って組織、ドラマと違って、あまりにおばかで、頭を使って考える、ってことできなくて、ただ手順どおりに無理やりにでもことをすすめる人たちがやってるんだから、自分たちでものごとを解決するなんてできるわけないだろうと私は思う。悪いけどね。

性犯罪被害者とちがって、殺人事件の遺族は最終的には「警察には感謝している」という結果になるのもさもありなん。私たちとは扱う人たちも重要度も違うのだから。

だからいっそ殺されていればよかったとも何度も思ったし今も思う。
ここまであの大事な時期に人生を破壊されて、なんどがんばってもうまくいかないという思いをさんざんしたあとには。



警察とか検察が勝手に決めた罪名は「強姦罪」だったけど(今なら「致傷」がつくと思う。当時は全然「致傷」なんて付かなかった)
私にとっては殺人未遂以外のなんでもなかった。
殺されると思ったし、加害者に殺意があったかどうかとか、加害者なんて正直に言うわけないんだから、重い刑罰の殺人未遂で訴えろよと思うけど、なんせ有罪率99%を維持するために、勝てる罪名でしか起訴しない。

私がもっと首を絞められ続けて、脳に重度の障害とか負ったりしたら殺人未遂と強姦になっただろう。
脳に重度の障害負って、植物人間になった方がよかったよ私にとっては。あまりに生きていくのはつらかった。
ふつうに見えるけれど重い障害おってるわけで、それで日常生活を、被害に遭っていない人と同じようにこなしていくのはつらすぎたし無理だった。
そもそもPTSDは立派な脳の障害だ。加害者は殺人未遂と同じだけ、もしかしたらそれ以上の傷を負わせたのだ。


性暴力救援センター のリンク追加

性暴力救援センター、ワンストップセンター、レイプクライシスセンター、など、呼び名はいろいろありますし、
運営母体もさまざまですが、

大阪に一か所、民間のSACHICOができてから、
警察庁のモデル事業として愛知に一か所、
東京にも民間のTSUBOMIができ、
先月7月から、佐賀県でも性暴力救援センターができたそうです。


このブログ右サイドバーに、リンク追加しました。
佐賀のはHPがまだないようなので、一番わかりやすいだろうと思われる佐賀県の説明してあるページにリンク貼りました。


まだまだ足りない。
一か所もなかった頃にくらべたら、ようやくここまできた、とうれしい思いもありますが、
気になる点も。


愛知のは警察庁のモデル事業で、佐賀のは行政が主体となってやってるわけで、民間より断然断然お金は持っている、のに、なんだこの昼間だけ事業は。と色々不満はあります。
正直、24時間ではない、という点で、かなり不備があると思います。佐賀なんて行政主体でお金あるのにHPすらまだですよ。

特に警察庁なんて、把握しているデータだけで、性犯罪が起こる時間が一番多いのは夜だとわかっているはずなのに。モデル事業でこれっておい、みたいな。


被害者としての私自身の経験から言うと、被害直後に警察に行ったら(まず病院に連れて行かれますが、病院内部に設置してあるのが上記四つのセンターのようなのでパトカーで刑事さんに連れられて病院に行くということはしなくていいと思われるし仮にそうなっても配慮がある程度はあるのではと思うしもしなければ自分の嫌なことは嫌と言っていいのです)
立件に必要な証拠もとれるし、
被害直後に駆け込めるところが必要なのに、という思いが強いわけです。



とはいえ、あちこちにできてきたのは、歓迎すべきことです。
ほんとうは各都道府県に一か所でも足りないくらいなのだから。

自分のことを語ることのむずかしさ

ときどき、自分を隠して生きているようで疲れてしまう。
ぼかしたりフェイクをいれたりせず、自分にあったこと、自分がそのときどういう状態だったか、
どうしてそういう対応をせざるをえなかったのか、
今にして思うとこういうことだったのだ、と、「私のストーリー』を紡ぎたいときもある。
書きたい、誰かに聞いてほしい、と思うこともあるけれど(主にセラピー目的)、

なにより特定されるのが怖くて書けない。
加害者や加害者親族、二次というより三次加害者が怖い。


それもあるし、当時の私におきたことを、今の私が語ることによって、
もちろん被害者ではなく加害者に暴力の責任はあるのだけれど、
完全にそうは思うことができていない時期というのが結構私は長かったので、今そういう思いがある他の被害者の方にどう思われるか、強い不安がわきおこり、書けない、となる。
傷つけるつもりはなくても、聞いたら傷ついたり反発したくなる気持ちがわきあがるんじゃないかって思ったりする。
少なくとも以前の私ならそうだった。


相手の気持ちの責任までとらなくていいとは思う。
そんなことしてたら何も語れない。
思うけれど。
頭ではわかっているつもりでも。

過去の自分のことを考えるとなかなかそこまでできない。


私がなぜあの頭のおかしいサイコパスのターゲットになったのかとか、自分を責めることなく今は理解できるけれど、それを語っていくには私の性格形成や生い立ちなどにもふれることになる。そしてそれはあくまで「過去の私に起きたことを、今の私の視点から見て、こう思う」ということなのだけれど、
性格とかその言葉自体で拒否反応がおきることだってあるだろう。

私がそういうことを考えているのは、性被害だけでなく、自分の生育環境や性格、価値観がどうだったか、を考えざるを得ない状況に今あるからだ。
性被害だけが私の人生ではないのであり、私の人生を私は見きわめ総括しないと前に進めないことだってもちろんある。



被害者だけでなく加害者もいろいろで、
あくまでも、私に危害を加えた加害者がどうして私にあれだけ執着したのかとか、考えて考えて、いろいろ調べたりもして(頭痛と震えを感じながら)私なりにある程度考えはまとまってはいる。
けれど、だからといって当時の私にはどうしようもなかった。
あのときああしていればとか、こうしていればとか、そういうふうにあれこれ考えたりはしない。
被害者はあのときああしていれば、こうしなければ、と、とてもささいなことでも自分を責めることが多い。実際に私もよく聞く。
私の場合、突然被害にあったわけではないためか、ずっといつ殺されるかわからないという恐怖で過ごしていて、事件(私にとっては殺人未遂だが)が起きた、というか加害者が犯罪をおこしたわけで、ある意味、加害者から逃げる、あるいは加害者が自発的に去るべく、できる限りのことをした結果だったから、ああしていればこうしていれば、とはあまり思わない。逆にどういうふうにしていても結局はああいう結果になるしかなかった、と思う。
恐怖と混乱の中、できる限りのことはやった。そう思う。誰でも同じ状況に置かれたらそうすると思う。

結局、狙われたら最後、なのだ。
だからなぜあんなにも異常な人がうろちょろと世の中にふつうにいるわけ?犯罪いっぱいやってるのに、と、加害者のことを知るにつけ恐ろしさも感じめまいどころでない倒れるほどのショックを何度も経験し、よりいっそうの恐怖を感じた。
そんな加害者が当たり前に私たちまともな人間と同じ社会で生活している、そのこと自体が、そもそも異常すぎる現実だった。私にとっては。

私の場合、加害者の「異常度」が突出していたように思う。そりゃそうだ、サイコパスなんだから。
もちろん性暴力の加害者は全員、正常だなんて全く思えない。全員異常だとは思うが、なんというか、わかりやすい異常性、といえばいいだろうか。前科もたくさんあり、闇の世界とつながっていてーという。
あのときの私にはどうしようもなかった。
あんなに異常な人が存在するということさえ知らなかったし、異常だからどう対応しても結局はむこうが自発的に納得するしかなくて、要するに「あきらめてもらう」のを待つしかなかった。
なんで「もらう」なんて屈辱的な言葉を使わないといけないのか、苛立たしいが、現実はそうだった。
どんな人間関係でも、どちらかが距離を置こうとしたり、接触をたとうとしたりする、というのは当たり前にありうることで、それを普通の人は受け入れるのだ。やり方や形はさまざまであっても。
それが、加害者は違う。何が何でも受け入れない、自分の思うとおりにしか行動しない、自分以外のことも自分に決める権利がありそれに従うのが他の人間だと本気で思っている。話し合いなんて成立するわけなかったのだ。穏便な解決法なんて存在しなかった。

当時のことを思い返してみると、
普通の人のようにいくら誠意をつくして気持ちを伝えて丁重にお断り申し上げても、逆にきつくはねつけても、思い切って無視しても、
加害者は自分の思うとおりにしないと気が済まないのだから、つきまとい続けるし暴れるし、私の関係者を脅迫したりと、今度は他の人に迷惑がかかる。
私のたとえば職場とか実家とかも何もかも知られてしまっていて、身動きがとれなかった。
もちろん最初は正常な人であるかのようにふるまうのだから、つきまとわれ続けている間に何も知られないようにするというのは無理だ。仮に私一人がそうしたとしても、他の人をおどしたりもしくは何らかの不正な手段をつかって情報を手に入れるなど簡単なことだ。なんのハードルもない。捕まったら困るとか追及されたら困るとか考えないのだから。異常者なのだから。犯罪のプロでもあるのだから。

いったいどうすればよかったのか?
防ぎようがなかった、としかやはり言いようがない。
加害者が刑務所にいればもちろん私はストーカーされることもなかった。加害者に目をつけられることがないのだから。
当時はストーカー防止法もなく、まあ仮にあったとしても、警告されたところで逆上するだけで、全く警察の介入なんて加害者は意に介さなかっただろう。ただ私が思い通りでないことをしたという、思い通りに支配できるはず、支配していいもの、自分の所有物と思いたい(もしくはすでにそう思っていたか)「オンナ」が、ささやかな反抗をしたから、逆らっていいはずはない、絶対君主である自分の力を思い知らせてやる、という感じで暴力はエスカレートして、決して終わらなかっただろう。
やはり同じ結末でないと終わらなかった。

そして被害者は私だけでなく、たくさん―ほんとうにたくさんいた。
なぜなら加害者は自分の行動を決めるのは自分だと思っている。そしてほかの人間にもそうする権利があることは理解していない。全く。
だから自分を恐れ嫌う相手のことは生意気な虫けら、としか思えなかっただろうし、
ましてや自分が気に入った「オンナ」が自分の思い通りにならないなんてそんな現実に生きることはできない。だから、暴力という手段に訴える。言うことを聞かせようとする。
そしてそのまま監禁したり、あるいは自分に逆らう「生意気なオンナ」を成敗してやった、と自分を納得させ、「他の人間にも意思がありそれは尊重されるべきである」という当たり前の現実なんて存在しないかのように、決めるのは何もかも自分一人だということを確認するために、犯罪をつぎつぎ重ねていく。

    ※加害者にとって女性は「モノ」でしかないから「オンナ」と表記した



誰も、どんな権力もとめることはできない。
できるとしたら、刑務所に入れておくことが唯一の方法。
被害者を出さない方法。

裁判の傍聴などで、やたらと「働く」ことが更生、とでもいうような風潮が当たり前に存在しているように感じるのが気にかかる。刑務所の中でも刑務所の外でも、働きさえすれば更生、と本気で弁護士も裁判官も思っているのではないか。

いやむしろ社会と関わらないでほしいんですけど。
遊んでていいので、懲役とか別にしなくていいので、とにかく隔離しておいてください、というのが私の本音だ。頼むから一般社会に出てこないでくれ。できれば死ぬまで。
性暴力加害者の治療プログラムは必要だとは思う――が、加害者のようなサイコパスが一人いると、治療プログラムそのものをめちゃくちゃにすることも多いようだ。少なくともアメリカでは実際にサイコパス研究者によってそう報告されている。
さもありなん、と加害者を(知りたくもないのに)知っている私は妙に納得してしまう。

他のもしかしたら治療可能な(本人たちが治したい、加害行為をやめたいと思わなければ意味がないし、よい印象を与えるために自分が変わるつもりなんて全くないのに取り組んでいるフリをしたりするやつだって多い)
加害者にさえも悪影響を及ぼすなんて、本当にもう、刑務所でさえ悪をまきちらしているわけだ。

考えると脱力感と無力感におちいる。そして頭痛がし、胃が痛くなり吐き気がする。


まあ日本の場合、刑務所内の加害者の治療だけ進めてても意味がないと私は思う。
ないよりまし、みたいな。
裁判所命令でずっと通うようなシステムがなければならないし、やっぱりGPSで追跡してほしい。

なにより保護観察が日本の場合、ボランティアにやらせていて、行方をくらませても保護観察違反とかにはならず放置されるだけなので(どうやら少しずつは変わってきているがボランティアというのは変わってないし変わるつもりもないように思える)
どうしようもない。
雇用の創出のためにも、保護観察官を、訓練をうけた職業として確立してほしい。保護観察を仕事とする人間がいるかいないかでは大きな違いが出る。
ボランティアの方には申し訳ないが、善意では対処できない犯罪者がいるのが現実なのだ。素人理論の説教なんてなんにもならない。専門家でさえサイコパスには全く歯が立たないといっていいくらいだ。


今ここで書いたようなことがずっと懸案事項として、加害者への恐怖として、私には現実でありとても身近で逼迫した問題なのだけれど、
もちろん世間はそうじゃないから、
自分がひとり世間の感覚からずれているような気持がして、自分がとてもダメな人間のように感じることさえもある。

性犯罪は警察にいけないのが殆どで、行ったとしても殆ど不起訴になるので、起訴されただけよかったじゃないと言われればなんとなく居心地悪く感じるが、なんとなくやっぱり、刑事裁判をしていないからわかってもらえない、と感じることも被害者どうしでもある。
警察でひどい対応をされたとか、不起訴になったとか、そういう人はある程度現実を身をもって知っているからわかってもらえることも多い。

起訴された人が殆どいないからそもそも人数が少ないし、
なんとか起訴され刑事裁判になったにしても自由に何かを言ったり書いたりすることはむずかしい。こういったブログとかも、裁判に影響するからとストップかけられたりするし、被害者はかなりの制限をかけられる。裁判になり裁かれたぶん、報復も怖い。
なにより、刑事裁判になったということは、特定されやすいということでもあるのだから、それがなにより怖い。
というわけで私と同じような立場で情報発信するというのはかなりハードルが高い。
このブログを始めたときもものすごく怖かったし今もこわい。


刑事裁判しても、むしろ裁判後とかは普通にくらしたい、以前の生活に戻りたい、と、性被害に関することから遠ざかりたい、と思うことが多いのではないだろうか。かつて私もそうだった。結局はなかったことにはもちろんできなかった。普通の日常が送れなかった。どんなにもがいても。
そんなこんなで、今私はこうして、つらつらと書いているわけだ。そしてこれからも。願わくば。

ブログについて

しばらくブログの管理ができませんでした。
ご連絡いただいたみなさま、対応できていなくて申し訳ありません。

お返事も全部はできませんが、お気持ちはしっかりと受けとめさせていただきます。

また、コメントの中で、承認して公開するとプライバシー面が心配、というものは、そのままにさせていただいています。

鍵コメでご連絡いただいた方もありがとうございました。



暑い夏ですがみなさまもくれぐれもお体ご自愛くださいませ。



Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    07 | 2012/08 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。