Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C424] そうなのですか

とても大変な思いをされましたね。
大事になさってください。
誰にでもあることなので、気になさらないでくださいね。


よく最近思うことがあるのですが、

火事とかで、火の不始末の不注意が原因でとか、
車の事故で不注意とか、

もし当人が死んでしまって、
そのときにその人が、過去の被害のことでパニックになっていたとしても、
それを訴えることも、たとえ訴えることができたとしても、
直接的な因果関係と結びつけることはできないのだろうな、
単にその人の不注意・不用意にされているのだろうなとやるせないことがあります。


被害の後遺症というのは人によってさまざまと思いますが、
私はいまだに料理ができません。

昔はまだ一人暮らしのときはしていましたが、
最近はまったくしません。というより拒否している気がします。


私にとって、料理とは、愛する人のためにするものであって、
その心を奪われたら、対象のない今や、もうその対象のために努力したいという気持ちがこときれた今となっては、
なぜ料理をしないといけないのか、意味が見出せません。

また一人になったら、適当にできあいのものを選んで食べるか、その時は適当に作ろうと思います。

あと、私にとって、「女性が料理する」というのに、どうしても家父長制度的な匂いをかんじて、
それで拒否反応があるのかと思います。

料理を作ることも大事ですが、
料理をしないですます工夫や、その際にできるだけ体によく経済的なものを選ぶ知識とか、
そういうのを身につけるほうが性に合っている気がしてます。

ちなみに、私はよく380円の「たまごや」さんのお弁当を愛用してましたね。
不況下で、会社が社員食堂を廃止するのもナンセンスだと思います。
体の栄養が大事ならば、女性に食事を作るのを強制させるより、もっとできることはある気がします。


少し内容とそれてしまい申し訳ありませんが、
誰にでもそういうふとしたことはあると思いますし、
またそれが被害の後遺症のひとつでもあると思うので、
あるがままにゆっくりされるのが一番ではないかと思います。
自然なことなので、気になさらずともよいと思います。
  • 2010-07-09 00:33
  • allegra
  • URL
  • 編集

[C425]

allegraさま、お返事おそくなり申し訳ありません。でもコメントいただいたときからとても支えられました。

今、ここ何年もないほど体調が悪いので、またゆっくりお返事を書かせていただきたいと思います。
申し訳ないです。

allegraさまもご自愛くださいませ。

[C427] はじめまして。

こちらでは、初めまして。先月メールをさせていただいたものです。
せっかくお返事を頂いたのに、メールを返せず申し訳ありません。
詳しくはまたメールをしたいと思います(これでは、誰だか分からないかと思いますので)。

お怪我の方は大丈夫でしょうか?
とても心配です。
本当に1人でいる時にそのようなことがあると私も泣いてしまいます。
でも何かできたときに、自分をほめてあげるって大切なことですよね。けっこう忘れてしまいがちなことなので、勉強になりました。

多方面さんのブログを偶然携帯電話の方からも発見して、拍手させていただいてます。
とても具合が悪いようですし、どうかご無理のないように、水分補給などして休養を・・・と思います。

[C428] Re: そうなのですか

allegraさま、ずっと気になっていたのですが、


> そのときにその人が、過去の被害のことでパニックになっていたとしても、
> それを訴えることも、たとえ訴えることができたとしても、
> 直接的な因果関係と結びつけることはできないのだろうな、
> 単にその人の不注意・不用意にされているのだろうなとやるせないことがあります。

たとえば肉体的な障がいであれば違うのに、と私もいつも思います。
過剰反応するこちらが悪いというような風潮がありますものね。特に性に関することや暴力被害に関しては。
こういうのも変えていきたいです。

料理は、私も好きだけど嫌い、というかんじでした。
これは育った環境で、ほぼ自分だけ家事をさせられ、ろくに教えてももらえないのに罵倒だけされたというのがしこりになっていると思います。
その思い出が強いメニューは、つくりたくないのでもう何年もつくっていません。一般的にはメジャーでも私には苦しいので。
具合が悪いときは、料理しようと思いながらも無意識に完璧をめざしてしまい勝手に一人で苦しくなります。

> 料理を作ることも大事ですが、
> 料理をしないですます工夫や、その際にできるだけ体によく経済的なものを選ぶ知識とか、
> そういうのを身につけるほうが性に合っている気がしてます。

手を抜く工夫も必要ですし、売っている調味料などを使いこなすのも面白いですしね。

自分の心を楽に保つ、いかに自分に負担をかけずに生活するか、というのはとても大切な気がします。

あたたかいコメントありがとうございました。

[C429] Re: はじめまして。

aikaさま、コメントありがとうございます。

メールのお返事等気になさらないでくださいませ。
私のほうも体調等ですぐに返せないことがむしろ多いと思いますが、気長にお待ちください。
メールをいただくととてもうれしいのです。

> 本当に1人でいる時にそのようなことがあると私も泣いてしまいます。

なんでもないことでも、動揺してしまうことってありますよね。
私だけじゃないんだなと思ってほっとしました。ありがとうございます。

あたたかいコメントをありがとうございました。

[C430] さきほどメールを送りました。

aikaという名前で送らせていただきました。内容が私の体験や加害者のことなので、かなりきつい内容かもしれないので、無理に読まなくても大丈夫です。
以前、いきなり犯罪被害について語ってしまったので、心配してます。本当に申し訳ありませんでした。
親切に返信いただき、本当にありがとうございます。多面体さんからのメールは何度も読んでおり、大切な宝物です。
これからもよろしくおねがいします。
ブログのURLを貼ってしまいましたが、ちょっと書き直そうと思い休止中にしました。紛らわしくてすみません。
  • 2010-07-28 05:01
  • aika
  • URL
  • 編集

[C431] Re: さきほどメールを送りました。

aikaさま、コメントありがとうございます。

メールたしかに受け取りました。じっくり読ませていただいています。
きつい等はないので大丈夫ですよ。ご心配なさらないでくださいませ。私は社会の偏見の方がなによりきついです。ですから同じような思いをされた方からのお話はとても助けられるのです。

たくさんお気遣いありがとうございます。
私自身が、こわごわしながらでも、すこしずつ話すことで、重荷を離せていけたような気がしますし、
また他の方のお話を聞かせていただくこと、読むことでとても助けられました。
今もそうです。ずっとそうだと思います。
ですからどうぞ謝らないでくださいませ。信頼して話してくださってうれしいです。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

[C432] Re: さきほどメールを送りました。

aikaさま、拍手コメントもありがとうございます。同じ思いです。涙が出ます。

[C467] ひとが傷つけるという思いに苦しむ

自分は、人がこわいのに、傷ついても傷つけられたと思えない。自分が悪いといつも思う。お前が悪いといつも言われてきた。傷ついていることが別に特別なことと思わない。
なのに、人を傷つけないようにいつも気を使って疲れてしまう。私が体験したことは、普通じゃないと思う。でも、なんでこんな人生なのと思ってきた。もう、治ることはないと思っている。いいことが起こっても、またすぐ不幸になると思う。人を信じられないのがつらい。
信じられない自分を責める毎日です。
何度も、自殺未遂をしたと思う。
今は死のうと思わなくなってきたけど、すごくさびしい。一人きりという感じなのです。
こころが満たされないのです。
症状が起きる原因がどこにでもある。
フラッシュバックが来るとわかっている場所に行く私がわからないのです。
救ってほしいと思っていても、毎日生きているだけでせいいいっぱいです。
私の中に悪魔がいるという思いに苦しむこともよくある。許せないのです。
傷つけても、笑っていて成功していった人、家族に馬鹿にされるだけでなく、そういう人が立派になって、社会で認められて公然と生きて、私は地を這うような苦しい人生を生きるのが許せないと思う。
そういう自分が悪魔と思うのです。
もう一方で、自分がすごくいい人間だという妄想がある。私には、妄想にしか思えない。
私は私に愛想がつきているのです。
私が死ぬ時、何が残るのかと思いさらに死ぬこともできない自分がいる。

[C474] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/115-8e4eacfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いまだにときどき苦しくなる

※フラッシュバックを誘発する危険性がありますので読む際には自己責任でお願いします※



別館の記事はこちら→http://d.hatena.ne.jp/manysided/20100706/1278404397
こちらは性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方に限定させていただいています。












昨日お料理しているときにぼんやりしていて、左手の移動が包丁を持った手の位置との調整にまにあわなくて、すぱっと指の先を切ってしまった。
血がさーっというかどくどく、という感じで出て、動揺した。
 
あわてて保冷剤で冷やしながら止血して、浅い傷だったからすぐにとまったけれど、血がぷしゅーっというか、どくどくと出る様子にはどうしてもなじめない。
嫌なことを思い出して思わず座り込んで涙ぐんでしまった。
でもいちおう体は動いて、止血できたことは自分でほめてあげたいと思った。傷の消毒もちゃんとして、薬も塗って、テープも貼った。

とても動揺してしまったので、頓服の安定剤のんで、それでも心臓がばくばくして、息がうまくできなくて。
いっしょうけんめい深呼吸していた。


今は関係がいいので甘えてもいいかなあと思って、時間があったら電話くださいってメールして、電話来たときはほっとした。
いきなり指切った、って言うのは言いにくくて、無理やり用事をひねりだして言って、
ああわかった、って切られそうになったから、待ってって言って。
けがしたって言ったら心配されて。
この人は大したことないとかそういうことは言わないから助かる。
本当は、客観的に見れば全然たいしたことはないんだけど、打撃が大きかったから。
私がよくわからないきっかけで不安定になるのはもう慣れたみたいだけど。
ちょっと動揺した、って言ったら、
うん、って言ってくれてほっとした。水仕事しないほうがいいよって言ってくれた。

そういうわけにもいかないので、あとちょっとだから水にぬれないようにしてなんとか料理完成させた。
水にぬれないように、と気をつけるとき、一人じゃないような気がしてずいぶん気持ちが支えられた。


一人だったら何でもないことでも泣いてしまう。
怖い、苦しい、っていうことを、誰かが受けとめてくれるだけで、かなり救われる。


最近調子わるいなあ・・・。

コメント

[C424] そうなのですか

とても大変な思いをされましたね。
大事になさってください。
誰にでもあることなので、気になさらないでくださいね。


よく最近思うことがあるのですが、

火事とかで、火の不始末の不注意が原因でとか、
車の事故で不注意とか、

もし当人が死んでしまって、
そのときにその人が、過去の被害のことでパニックになっていたとしても、
それを訴えることも、たとえ訴えることができたとしても、
直接的な因果関係と結びつけることはできないのだろうな、
単にその人の不注意・不用意にされているのだろうなとやるせないことがあります。


被害の後遺症というのは人によってさまざまと思いますが、
私はいまだに料理ができません。

昔はまだ一人暮らしのときはしていましたが、
最近はまったくしません。というより拒否している気がします。


私にとって、料理とは、愛する人のためにするものであって、
その心を奪われたら、対象のない今や、もうその対象のために努力したいという気持ちがこときれた今となっては、
なぜ料理をしないといけないのか、意味が見出せません。

また一人になったら、適当にできあいのものを選んで食べるか、その時は適当に作ろうと思います。

あと、私にとって、「女性が料理する」というのに、どうしても家父長制度的な匂いをかんじて、
それで拒否反応があるのかと思います。

料理を作ることも大事ですが、
料理をしないですます工夫や、その際にできるだけ体によく経済的なものを選ぶ知識とか、
そういうのを身につけるほうが性に合っている気がしてます。

ちなみに、私はよく380円の「たまごや」さんのお弁当を愛用してましたね。
不況下で、会社が社員食堂を廃止するのもナンセンスだと思います。
体の栄養が大事ならば、女性に食事を作るのを強制させるより、もっとできることはある気がします。


少し内容とそれてしまい申し訳ありませんが、
誰にでもそういうふとしたことはあると思いますし、
またそれが被害の後遺症のひとつでもあると思うので、
あるがままにゆっくりされるのが一番ではないかと思います。
自然なことなので、気になさらずともよいと思います。
  • 2010-07-09 00:33
  • allegra
  • URL
  • 編集

[C425]

allegraさま、お返事おそくなり申し訳ありません。でもコメントいただいたときからとても支えられました。

今、ここ何年もないほど体調が悪いので、またゆっくりお返事を書かせていただきたいと思います。
申し訳ないです。

allegraさまもご自愛くださいませ。

[C427] はじめまして。

こちらでは、初めまして。先月メールをさせていただいたものです。
せっかくお返事を頂いたのに、メールを返せず申し訳ありません。
詳しくはまたメールをしたいと思います(これでは、誰だか分からないかと思いますので)。

お怪我の方は大丈夫でしょうか?
とても心配です。
本当に1人でいる時にそのようなことがあると私も泣いてしまいます。
でも何かできたときに、自分をほめてあげるって大切なことですよね。けっこう忘れてしまいがちなことなので、勉強になりました。

多方面さんのブログを偶然携帯電話の方からも発見して、拍手させていただいてます。
とても具合が悪いようですし、どうかご無理のないように、水分補給などして休養を・・・と思います。

[C428] Re: そうなのですか

allegraさま、ずっと気になっていたのですが、


> そのときにその人が、過去の被害のことでパニックになっていたとしても、
> それを訴えることも、たとえ訴えることができたとしても、
> 直接的な因果関係と結びつけることはできないのだろうな、
> 単にその人の不注意・不用意にされているのだろうなとやるせないことがあります。

たとえば肉体的な障がいであれば違うのに、と私もいつも思います。
過剰反応するこちらが悪いというような風潮がありますものね。特に性に関することや暴力被害に関しては。
こういうのも変えていきたいです。

料理は、私も好きだけど嫌い、というかんじでした。
これは育った環境で、ほぼ自分だけ家事をさせられ、ろくに教えてももらえないのに罵倒だけされたというのがしこりになっていると思います。
その思い出が強いメニューは、つくりたくないのでもう何年もつくっていません。一般的にはメジャーでも私には苦しいので。
具合が悪いときは、料理しようと思いながらも無意識に完璧をめざしてしまい勝手に一人で苦しくなります。

> 料理を作ることも大事ですが、
> 料理をしないですます工夫や、その際にできるだけ体によく経済的なものを選ぶ知識とか、
> そういうのを身につけるほうが性に合っている気がしてます。

手を抜く工夫も必要ですし、売っている調味料などを使いこなすのも面白いですしね。

自分の心を楽に保つ、いかに自分に負担をかけずに生活するか、というのはとても大切な気がします。

あたたかいコメントありがとうございました。

[C429] Re: はじめまして。

aikaさま、コメントありがとうございます。

メールのお返事等気になさらないでくださいませ。
私のほうも体調等ですぐに返せないことがむしろ多いと思いますが、気長にお待ちください。
メールをいただくととてもうれしいのです。

> 本当に1人でいる時にそのようなことがあると私も泣いてしまいます。

なんでもないことでも、動揺してしまうことってありますよね。
私だけじゃないんだなと思ってほっとしました。ありがとうございます。

あたたかいコメントをありがとうございました。

[C430] さきほどメールを送りました。

aikaという名前で送らせていただきました。内容が私の体験や加害者のことなので、かなりきつい内容かもしれないので、無理に読まなくても大丈夫です。
以前、いきなり犯罪被害について語ってしまったので、心配してます。本当に申し訳ありませんでした。
親切に返信いただき、本当にありがとうございます。多面体さんからのメールは何度も読んでおり、大切な宝物です。
これからもよろしくおねがいします。
ブログのURLを貼ってしまいましたが、ちょっと書き直そうと思い休止中にしました。紛らわしくてすみません。
  • 2010-07-28 05:01
  • aika
  • URL
  • 編集

[C431] Re: さきほどメールを送りました。

aikaさま、コメントありがとうございます。

メールたしかに受け取りました。じっくり読ませていただいています。
きつい等はないので大丈夫ですよ。ご心配なさらないでくださいませ。私は社会の偏見の方がなによりきついです。ですから同じような思いをされた方からのお話はとても助けられるのです。

たくさんお気遣いありがとうございます。
私自身が、こわごわしながらでも、すこしずつ話すことで、重荷を離せていけたような気がしますし、
また他の方のお話を聞かせていただくこと、読むことでとても助けられました。
今もそうです。ずっとそうだと思います。
ですからどうぞ謝らないでくださいませ。信頼して話してくださってうれしいです。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

[C432] Re: さきほどメールを送りました。

aikaさま、拍手コメントもありがとうございます。同じ思いです。涙が出ます。

[C467] ひとが傷つけるという思いに苦しむ

自分は、人がこわいのに、傷ついても傷つけられたと思えない。自分が悪いといつも思う。お前が悪いといつも言われてきた。傷ついていることが別に特別なことと思わない。
なのに、人を傷つけないようにいつも気を使って疲れてしまう。私が体験したことは、普通じゃないと思う。でも、なんでこんな人生なのと思ってきた。もう、治ることはないと思っている。いいことが起こっても、またすぐ不幸になると思う。人を信じられないのがつらい。
信じられない自分を責める毎日です。
何度も、自殺未遂をしたと思う。
今は死のうと思わなくなってきたけど、すごくさびしい。一人きりという感じなのです。
こころが満たされないのです。
症状が起きる原因がどこにでもある。
フラッシュバックが来るとわかっている場所に行く私がわからないのです。
救ってほしいと思っていても、毎日生きているだけでせいいいっぱいです。
私の中に悪魔がいるという思いに苦しむこともよくある。許せないのです。
傷つけても、笑っていて成功していった人、家族に馬鹿にされるだけでなく、そういう人が立派になって、社会で認められて公然と生きて、私は地を這うような苦しい人生を生きるのが許せないと思う。
そういう自分が悪魔と思うのです。
もう一方で、自分がすごくいい人間だという妄想がある。私には、妄想にしか思えない。
私は私に愛想がつきているのです。
私が死ぬ時、何が残るのかと思いさらに死ぬこともできない自分がいる。

[C474] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/115-8e4eacfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。