Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C472] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C476] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C487] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T65] まとめ【勇気があるから訴えた】

少し自分のことを書いてみたいと思う。自分のことを書くのはかなりエネルギーがいるので、とりとめのない

[T64]

  • 2012-09-12 21:58

[T63]

  • 2012-08-30 22:24
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/133-29f510a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勇気があるから訴えたわけではない

少し自分のことを書いてみたいと思う。
自分のことを書くのはかなりエネルギーがいるので、とりとめのない文章や誤字脱字があるかもしれないけれど、勢いにまかせて書きたいことを書く。



私は警察→犯人逮捕→起訴→裁判、となったわけで、
殆どの人が警察に行けない、行ったとしても門前払いされたり、うそつき呼ばわりされて屈辱と憤り、重い悲しみを抱えて引き下がるしかなかったり、被害届を受け付けてもらえなかったり、告訴するなと圧力かけられたり、などなどで、みんな大変な思いをしているわけです。

で、なんとかふんばっても、結局は不起訴になることが多いわけです。
あまりの過酷さに被害者が途中で断念して示談するしかなくなったりもします。

最近は警察が被害者の情報を加害者に教えるのは問題外、みたいにニュースにまでなったりするけど、私が被害にあったときは、むしろ警察が積極的に示談のために弁護士とか加害者とか加害者の親族とかに被害者の情報を教えるの普通でした。
弁護士が示談を強要した、ということで被害女性が裁判を起こして勝った事例も最近あり、本当に必要なことだとつくづく思い、裁判を起こしてくれた方に感謝の気持ちがいっぱいになって、自分の悔しさを思って泣いたこともあった。

刑事裁判すると特定されやすいということもあって、なかなか発言するのが難しかったりします。
訴えなければもっといろんな形で話せるのに、と歯がゆく思ったりもします。
正直、訴えなければよかったと何度も思いましたし、今もそう思うときもあります。

私が違和感を覚えるのは「訴えて勇気があったね」というような言葉をかけられたとき。
訴えなかったらずっとあのストーカーの日々が続いてまた同じことされるのに?
正直、また犯人の顔を見ることを考えたら耐えられなかった。助けてほしかった。もうずっといつ殺されるかわからないと思っていたから。
ううん、理屈じゃなく、もう恐怖でいっぱいで、あんなやつが私の周囲を今後もうろつくなんて、耐えられなかった。恐怖で、頭で考えてのことじゃなくて、ほんとに理屈じゃなくて、ひどい恐怖でなんとかしてくれと思った。

いろんな小さな幸運(かどうかはわからない、例えば加害者にたくさん前科があったこととか)が重なってなんとか起訴されたわけですが、
保釈申請するだの、加害者の親からは呪い殺すだの、弁護士はアポなし訪問してびびらせて精神的に追いつめて示談に持ち込もうと何度もやってくるし、本当に地獄の日々でした。

加害者を監督する立場の人間に突然呼び出され(こっちの身元を知られてるのがまずものすごく嫌です)、謝りたいという名目で呼び出され、その割に謝罪の言葉は一切なく、
加害者にはほとほと迷惑していたが合法的に?追い出せないので困っていた。示談とかせずに最後まで頑張ってほしいとかわけのわからないことを言われたり。ってかお前らも傷害やら器物破損とかで訴えろよって今なら言うけど、こんなに腐った奴らばかり世の中にいっぱいいるということを知らなかった私。

罰してほしい、と冷静で、相手を許せないと憎んで訴えていたらもっと気持ち的に楽だったかもしれないと思う。闘志があれば。
私の場合はもちろん許せないし激しい憤りから憎悪を感じもしたけれど、それも本当に苦しかったけど、主な動機は恐怖だったから。
ちょっとのむこうの攻撃でダメージを受けた。実際、ダメージ食らったけど。プライバシーなんて壊されたも同然。それでも出てきたら殺される、報復される、という恐怖が新たに加わりあとにひけなくなった。
ふつうに考えたらもう何もしないよ、したら加害者は終わりなんだから、と、何人もの人に言われたけれど、なにしろ加害者は異常すぎて、普通の人の理屈なんて通用しないのだ。それを一番わかってるのは付きまとわれていた間にいろんな暴力行為、破壊行為を目にしてきた私。


恐怖心で、もう私に危害を加えないでほしい、という一心で、助けを求めた結果が警察に行ったことだから、勇気があるとかそういうのじゃなくて、逆だと思う。
勇気があったら、逆に訴えないで、どうやってヤツを弱体化させるか戦略を練ったと思う。頼りにならない司法システムなんか使わないで。そのときはこんなにも警察も検察も裁判もこんなにもダメで、被害者ってこんなにもひどく扱われるものなんだ、という知識がなかったからできたこと。勇気があったなんてとんでもない。全くなかったんじゃないだろうか逆に。
今は少しはましになってはいるけれど、やっぱりだめだ。
証拠がない、だの、信頼性にかける、だの、なんだかんだいって警察は性犯罪に動かない。
全国の警察で、性犯罪課をつくればいいのに。刑事課の頭の悪い刑事たちはもうほんとに嫌だ。殺人事件とかで所轄の刑事は下働きで、本部からやってきたエリート警察官が仕切る、っていうのに反発するのがドラマとか映画とかで描かれてるけど、だって警察って組織、ドラマと違って、あまりにおばかで、頭を使って考える、ってことできなくて、ただ手順どおりに無理やりにでもことをすすめる人たちがやってるんだから、自分たちでものごとを解決するなんてできるわけないだろうと私は思う。悪いけどね。

性犯罪被害者とちがって、殺人事件の遺族は最終的には「警察には感謝している」という結果になるのもさもありなん。私たちとは扱う人たちも重要度も違うのだから。

だからいっそ殺されていればよかったとも何度も思ったし今も思う。
ここまであの大事な時期に人生を破壊されて、なんどがんばってもうまくいかないという思いをさんざんしたあとには。



警察とか検察が勝手に決めた罪名は「強姦罪」だったけど(今なら「致傷」がつくと思う。当時は全然「致傷」なんて付かなかった)
私にとっては殺人未遂以外のなんでもなかった。
殺されると思ったし、加害者に殺意があったかどうかとか、加害者なんて正直に言うわけないんだから、重い刑罰の殺人未遂で訴えろよと思うけど、なんせ有罪率99%を維持するために、勝てる罪名でしか起訴しない。

私がもっと首を絞められ続けて、脳に重度の障害とか負ったりしたら殺人未遂と強姦になっただろう。
脳に重度の障害負って、植物人間になった方がよかったよ私にとっては。あまりに生きていくのはつらかった。
ふつうに見えるけれど重い障害おってるわけで、それで日常生活を、被害に遭っていない人と同じようにこなしていくのはつらすぎたし無理だった。
そもそもPTSDは立派な脳の障害だ。加害者は殺人未遂と同じだけ、もしかしたらそれ以上の傷を負わせたのだ。


コメント

[C472] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C476] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C487] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T65] まとめ【勇気があるから訴えた】

少し自分のことを書いてみたいと思う。自分のことを書くのはかなりエネルギーがいるので、とりとめのない

[T64]

  • 2012-09-12 21:58

[T63]

  • 2012-08-30 22:24
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/133-29f510a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。