Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/30-f7bc8524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福祉を真面目に考える方々について ― 「左派」の方々や、研究者等の方々

前の2つのエントリで、さんざん「警察は賢くない」「非現実的」と書いたけれど、私が考慮に入れていなかったことがあるので、そのことを書こうと思う。

私が「賢くない」と書いたのは、ふつうの警察のこと。公安警察とかは正直、考えていなかった。

「非現実的」と書いたのは、違法物に関わっていないのに、「Santa Fe」のようなものが家にあるかどうか、アルバムに子どもの裸がうつっていないかで大騒ぎする一般人の方のこと。

「左派」といわれる政治的活動をしている方々のことは考えに入れていなかったです。
これは正直申し訳なかったと思います。

公安警察のことは、個人的に一人しか知らないけれど、確かに普通の警察とは違うと思う。
あまり知らないので詳しくは言えないけれど。


昔の、学生闘争時代とかその影響があった時代は、「左派」とされる方々が、睨まれていたというのは知っていたけれど、今でもそんなことが起きているとは、知りませんでした。
そのあたり、教えてもいいという方がいらしたら、教えられる範囲でいいので、教えていただけるとありがたいです。


わたし個人としては、自民党は、与党というだけであぐらをかいていて、今までろくなことをしてこなかったのだから、むしろ政権交代は積極的にしてほしいと思っている。
かといって、それだけを目当てにあおるようなことをして、ポイント稼ぎのようなことをされるのは、実際の被害者をないがしろにする行為だから、嫌だと思った。期待していただけに、単純には民主党を応援できなくなった。何人も自死を選ばれた方が出ていて、重みが違うのだから。

だけれど、自民党はダメだという点を考えると、現実的には、今後はやはり、民主党には頑張ってもらわなくてはと思う。くれぐれも自民党化しないように気をつけてもらいたいけれど。
 (なぜか私を、自民党派と思っている方が多いので、それは違うと申し上げておきます。
  純潔主義とさえ思っている方の存在には驚いてしまう。純潔主義なんて何の役にも立たない。)

そして、左派とされる方々は、もっと評価されていいと思う。
弱者の視点で世の中を考えて追及していくと、一度は左派の良さに気付く人は多いと思う。

昔、とある問題(教育、福祉、労働などに関すること)を調べなくてはならなくなったのだけれど、当時、書籍ではろくな資料はなかった。情報が古すぎた。
ではどういうどころから資料を得たかというと、
今ほどネットが発達していなかったというのもあるだろうけれど、問題が表面化する何年も前から、国際比較や実際例など、地道に純粋に熱意をもって研究されていた、いわゆる「左派」とされるサイトだった。質、量ともに、他を圧倒的に凌駕していた。
自民党とか何やってんだ、って思ったのは、これがきっかけだった。


なので、誤解をおそれずにいうと、私は、むしろこういった「左派」とされる方々に、建設的野党ということで頑張ってほしいと思っている。


そして、児童性虐待画像映像の件で、そういった研究をしている人はどうなるのかという問いを頂いたけれど、それはまた保護するべき人たちだと思う。

荒唐無稽と思われるかもしれないけれど、許可制とか登録制も必要なのではないだろうか。
劇薬等がそのようになっていることを考えると、違法なものという扱いでは同じだろう。一般人が簡単に手に入れられる状況が問題なのだから。

全く性的な意図がないにしろ、そういう意図がある悪意ある人々の存在を考えると、親を含め、大人たちはもっと意識を高めたほうがいいと思うのだ。

古きよき時代の感覚で(実際にはそうとされる時代にも虐待も性虐待もたくさん起きていたのだけれど)、子どもを裸で遊ばせていたりする保護者を見ると、どっきりする。
男の子であっても、女の子であっても、危険は危険だ。変なのに写真を撮られて、それこそ「ポルノ」として扱われる可能性を考えるとそんなことはできないはずだ。

こんな世の中になったこと自体が悲しいけれど、子どもたちは自分で身を守る術を持たないのだから、大人たちが守らなくて、どうする?と私は思うのだ。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/30-f7bc8524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    05 | 2017/03 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。