Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C208]

書き込みさせて頂くのは初めてですが、いつも拝読してました。

多面体さんが引用なさっていた吉田タカ子さんの「おわりに」の部分を読んで、図らずも涙が止まらなくなってしまいました。
自分が被害の渦中にあった子どもの頃に、この本と出会えていれば、何かを変えられていたのではないかと、今さら実現不可能なことを思うと同時に、今まさに渦中にいる子どもたちの存在に想いが至り、居てもたってもいられない気持ちで一杯になりました。

吉田タカコさんが選んで使われた「憤死」の2文字の裏に、どれだけの被害者たちの「慟哭」があったか。
当事者でもなく、周りにもそういう人は居なかったと言う人に、この喉が焼けつくような、胸を掻き毟りたくなるような感覚を共有してもらうのは難しいでしょうが、私を含め、語ることさえできずにいる被害者の多さを考えると、完全に蚊帳の外に居られる人の方が、案外少ないのではないかと思わずにいられません。

そんな現実の中、多面体さんの勇気あるエントリの数々はとても貴重で、私もいつも勇気を頂いています。心から応援しています。
  • 2009-08-10 03:10
  • kanaka
  • URL
  • 編集

[C212] kanaka さまコメントありがとうございます

kanakaさま、書き込んでいただいて嬉しいです。ありがとうございます。私も涙を流しながら、kanakaさまの文章を読ませていただきました。お返事遅くなり申し訳ありません。

私も子どもの頃に知っておけば違ったのにと思うことが沢山あります。CAPプログラムを受けていたらどんなによかったかとも思います。虐待という言葉自体も定着してはいなかったくらいです。
虐待されていると自尊心がなくなってしまうので、他人で、誰か大人が、自分のことを心底大切な存在だと言ってくれる人がいるとは思えなかったのです。虐待やDVのある家庭で育つと、家のことを話さず秘密を守るように自然となってしまいますし、まわりには気付いてもらえない。ましてや性的虐待はとても把握し辛いです。また、家庭内ではない場合でも、純粋さにつけこんで、巧妙に子どもの心を操る卑怯さに怒りを禁じえません。守るべき親や親族からとなるとどれだけのダメージを受けるか。あまりに辛すぎる、許せない現実です。

慟哭、という言葉、本当にそのとおりだと思いました。悲しすぎる涙が、叫びが、たくさんつまっていると思いました。冷静な分析をされていた本だと思いましたが、力のある文章で、一気に読めたので、その背景には、憤死しそうになりながらも、多くの慟哭を聞き、それをすくいとって書き上げられたのかと思いました。(ただ、もし読まれる場合にはフラッシュバック注意です、本文にも追記します、配慮がたりなくて申し訳ないです)

>語ることさえできずにいる被害者の多さを考えると、完全に蚊帳の外に居られる人の方が、案外少ないのではないか<

私もそう思います。子どもの頃のことを思い出すと、心当たりのあることがたくさんあるのです。あの子もそうだったのではないか、と。男の子も女の子もいます。わたし自身、忘れていたことも思い出しました。
また、子どもと接する仕事をしていたことがあるのですが、そのときにも、サインを出していた子がいたと今になって思うとわかります。どうしてあのとき気付いてあげられなかったのだろうと、知識もなく虐待の多さも知らなかった自分を呪います。
性的虐待は、家族や身近な大人からが実はとても多く、子ども自身も否定したり自然と隠したりしてしまうので(なかなか一般には理解されにくいでしょうが、無理もないことです)、本当に、助けを求められることのできる子がどれだけいるだろうかと思うと、悲しくて悲しくて涙が出ます。
CAPプログラムを実施すると誰かが話をしにくることが多いそうです。でも、今の日本ではどういうケースでも確実に助けてあげる、ということができない。

子どもの性被害は、とても多いですよね。まさかそんなこと、と思っている人が大半ですが、精神科医等も、そういう視点で見るとどんなに多いかがわかったと仰る方が多いです。でも実際に被害にあっている子どものころには助けを求めることはできにくい、その受け皿がない状態です。

韓国や台湾はかなりすすんでいます。森田ゆり氏の2008年出版の本「子どもへの性的虐待」を読んで、いかに日本がおくれをとっているか、子どもや女性に優しくない国ということか、はっきりわかります。悲しいです。

児童相談所ではまかなえないと思うのです。とにかくワンストップセンターをつくってほしいと強く思います。民間で何かできないだろうかと考えています。

実態を把握しないから動かないのではなく、対処するところをつくれば実態がわかるはずです。あまりに悲しすぎる実態ですが・・・。韓国をバカにしたりしている人がいますが、日本だけ違うとなぜ思えるのか、おかしすぎます。

kanakaさま、勇気あるエントリと仰っていただいて、また一緒に痛みを感じていただいて、こちらこそありがたいです。やりとりさせていただいて、本当に嬉しいです。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。まとまりのない変な文章で申し訳ありません。

[C213] リンクについて

性犯罪についての新しい記事を出して、こちらを紹介しようとその中でこちらをリンクしました。

でも、こちらに変なコメントがわかないように別館の方をリンクしたほうがよかったでしょうか?問題があればおっしゃってください。直します。
  • 2009-08-15 22:34
  • 村野瀬玲奈
  • URL
  • 編集

[C214] 村野瀬玲奈さま

コメントありがとうございます。いつも拝読させていただいています。勉強になります。
特に選挙前ですし、自分でいろいろ調べる余力があまりないので、村野瀬玲奈さまのブログの情報量には本当に助けられています。

村野瀬さまの読者様は、まともな方が多いので大丈夫です。別館はあくまでも衝突が多いところ用、理解のない人むけ、と考えていますので、こちらをご紹介いただいてありがとうございます。

仮に変なのが来ても別館へどうぞと誘導します。別館をもう少し整備しなくてはいけないのですが、はてな記法が面倒で(汗)

性暴力に関心を持って訪れる方は、無礼なことはしないようです。そっと拍手コメント等をくださいます。なので、どうぞご心配なさらないでください。お気遣いありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T7] 点火期 -Ignition Period-

 過日、ある方にメッセージを送った。エールとリスペクト、そしてシンプルな感謝の気持ちを綴りたくて書き始めたはずが、気づけば自分の過去を振り返る内容になってしまった。実は自分のトラウマを、それを一般的に総称する言葉を使って記したのは、これが初めてだった。た
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/33-89bff887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知れば知るほど・・・

「子どもと性被害」 吉田タカコ 著を読んだ。筆者はフリーライター。



子どもと性被害 (集英社新書)子どもと性被害 (集英社新書)
(2001/08)
吉田 タカコ

商品詳細を見る

(新書なので安いです。735円。多くの方に読んでいただきたいです。)
※8/11追記:フラッシュバックする内容も含まれていますので、読まれる際にはじゅうぶん体調にお気をつけ下さい。

いろいろな視点で、いろんな立場の方の声がつまっていて、かなり網羅されていると感じた。
読むのが辛かったけれど、読んだおかげで、かなり頭の中は整理されたし、何より自分と同じように感じている方の存在を感じて嬉しかった。

「おわりに」で吉田タカコ氏はこう綴っている。

 法律家でも福祉関係者でもカウンセラーでもない私が、性的虐待をテーマに書こうと思った動機は「怒り」である。
 取材活動を始めてすぐにつきつけられたのは、被害に遭った人のあまりの多さと、この問題の根深さであった。

 法律、司法システム、警察の対応、報道、学校、家庭、福祉現場、医療機関・・・。あらゆるところに、性的虐待を生み出し、黙認し、被害者をさらに傷つける要因があった。取材を進めれば進めるほど、この問題に取り組むことが、いかに広い分野にかかわらざるを得ないかを思い知らされ、まるで底なし沼に引きずり込まれる思いであった

 「憤死」ということばがある。当事者の声を聞けば聞くほど、そして傷つけられた人間をさらにおとしめる社会の現状を知れば知るほど、私は怒りと悔しさと無力感がないまぜになった気持ちに襲われ、「自分は憤死するのではないか」と本気で思った。
 訴えたいことがあまりにありすぎて、筆は一向に進まなかった。それどころか、あまりにも重い現実を目の当たりにし、強烈な倦怠感に襲われて、起き上がることすらできない状態に陥ったのも、一度や二度ではなかった。

 被害経験者の声を伝えようとすればするほど、ことばの難しさに何度もぶち当たることにもなった。

                   「子どもと性被害」 吉田タカコ 著 p243 ※強調は引用者による


そう、私もまさに「憤死」しかかっている。・・・いた、のか。
なんだか、この「おわりに」の部分に一番共感してしまって、この本を読みながら何度も涙が出たけれど、ここでとまらなくなってしまった。一字一句としてたがわない、同じ気持ちだ。
プロのライターである方もそういうお気持ちになられるというだけで、なんだか自分の怒りと悲しさが正しいものだと認識できて、嬉しいというかほっとした。共感してくださる人の存在というのは、こんなにも心強い。あらゆる分野を取材し網羅した、この本を書くことができたのは、こういう文章が書けるのは、専門家ではないからできることでもあるだろうと思った。

被害の重さを訴えるだけでは変わらない。それはそうかもしれない、一般的には。
だが、正しく認識されている状態とは言えないだろう。政治家が性犯罪を容認するような発言をする国だ。女性差別発言をしても大して問題視されない国だ。法律も判例もおかしすぎる。

私は、正しく認識してほしいと、そう思っている。
ならば、重いと言われようが何だろうが、現実を伝えていくしかない。

性被害の問題が改善されないのは、理屈で訴えても変わらない、社会的構造となっている男女差別の問題がやはり大きいとは思う。
だけれど。
肝心の、権力を握っているところでは難しいかもしれないけれど。ならば少しずつでもできることを探していこう。

ここのところ最近、つくづく考えていたのは、人権教育が足りていないということはもちろんだけれど、そもそも暴力について学ぶ機会を持って育った人がどれだけいるのだろうかということだ。
性暴力に限らず、何が暴力なのか、それがわかっていない人が多すぎる。

CAPプログラムのことも少し書いたけれど全然うまく説明できていない気がしてずっとひっかかっていたのだけれど。そういうことだ。
「~してはいけません」だけでは防止にならない。
暴力にあったとき、 「なにができるか」、その力を育てることをしなければ。何が暴力なのか、暴力にあっているということさえ、わからない状態にされてしまっているのが現状だ。
被害者を出さないことはもちろん、加害者も二次加害者も出さないように、してほしい。
犯罪にまで走らなくても、その芽となる意識をつむには、世間全体の認識を変えなくては。

そもそも、自分の感覚や考えを否定するようなメッセージに囲まれて私たちは育ってしまっている。
とにかく、誰が何と言おうと、自分の直感を信じる。違和感を大切にする。
何か起きたときにも話すことができる。そういう環境をつくってほしい。声をふさごうとしないでほしい。
そういうことを言っていきたい。

警察は、「夜道・一人歩き・見知らぬ男」を性犯罪の代表的なものと捉えている、という感じはしていたけれど。
最近教えていただいたお話で、ぎょっとするようなことを聞いて、「感じ」どころではなく、ほとんどその実態しか把握できていないのか、と、暗澹たる気持になった。
これまた書きかけては憤死しかかる、という状態で、なかなかかけていないのだけれど。

そして、説得力を持って動かすには、データがいる。警察も、行政も。世間も。
だけど、ろくなデータがない。
個人で、体験したこと、知っていることを話しても、軽くあしらわれる。本当に腹の立つ話だ。
だからといって、被害者がかかわるところ、相談するところが、データをとることに重きをおくと、安心して話せるところではなくなってしまう。
なので積極的にデータをとるというのは、私はあまり望んでいなかったのだけれど。
だけど、やり方によっては、できるのだろうか。全国的には難しくても、方法を考えるとできるのかもしれない。相談機関とは別に、行うべきだ。そういうことも少しお話を伺った。

国全体で、性被害もDVも虐待も、隠せ隠せ、というふうに加担しているしか思えないような気さえするときがある。

性暴力は女性の問題として捉えられているけれど、なぜ暴力をする、加害行為をする側の問題とは捉えられないのだろうと常々思っていた。
(男性被害も多いけれど、加害行為をするのは圧倒的に男性だ)
男性はジェンダーの話をするだけで何だか責められているような気がする人が多いようで、不思議だ。
責めているつもりはないので、自分は違う、とこちらにいきりたたれても困るのだ。
そういう逸脱した行為をする人に怒りを向けてほしい。

でも、男性で熱心に活動されている方とお会いすることができて、なんだかほっとした。
女性が集まって何かするだけで、警戒する人も多いから、こういう方の存在はかなりありがたい。
応援してくださっている男性は多いのだけれど、もっともっと、こういう男性がふえないかなあ。と思ったりなどする。

心の整理をするために、少しつぶやいてみました。
ちょっと、すっきりしたかもしれない、です。
いろいろな方にご心配いただいて、申し訳ないような、でも、ありがたいような気持ちです。




2011/02/27 追記
TB送信先 

読書メモ:「子どもと性被害」雑感   ~真鍮の鳥籠~

コメント

[C208]

書き込みさせて頂くのは初めてですが、いつも拝読してました。

多面体さんが引用なさっていた吉田タカ子さんの「おわりに」の部分を読んで、図らずも涙が止まらなくなってしまいました。
自分が被害の渦中にあった子どもの頃に、この本と出会えていれば、何かを変えられていたのではないかと、今さら実現不可能なことを思うと同時に、今まさに渦中にいる子どもたちの存在に想いが至り、居てもたってもいられない気持ちで一杯になりました。

吉田タカコさんが選んで使われた「憤死」の2文字の裏に、どれだけの被害者たちの「慟哭」があったか。
当事者でもなく、周りにもそういう人は居なかったと言う人に、この喉が焼けつくような、胸を掻き毟りたくなるような感覚を共有してもらうのは難しいでしょうが、私を含め、語ることさえできずにいる被害者の多さを考えると、完全に蚊帳の外に居られる人の方が、案外少ないのではないかと思わずにいられません。

そんな現実の中、多面体さんの勇気あるエントリの数々はとても貴重で、私もいつも勇気を頂いています。心から応援しています。
  • 2009-08-10 03:10
  • kanaka
  • URL
  • 編集

[C212] kanaka さまコメントありがとうございます

kanakaさま、書き込んでいただいて嬉しいです。ありがとうございます。私も涙を流しながら、kanakaさまの文章を読ませていただきました。お返事遅くなり申し訳ありません。

私も子どもの頃に知っておけば違ったのにと思うことが沢山あります。CAPプログラムを受けていたらどんなによかったかとも思います。虐待という言葉自体も定着してはいなかったくらいです。
虐待されていると自尊心がなくなってしまうので、他人で、誰か大人が、自分のことを心底大切な存在だと言ってくれる人がいるとは思えなかったのです。虐待やDVのある家庭で育つと、家のことを話さず秘密を守るように自然となってしまいますし、まわりには気付いてもらえない。ましてや性的虐待はとても把握し辛いです。また、家庭内ではない場合でも、純粋さにつけこんで、巧妙に子どもの心を操る卑怯さに怒りを禁じえません。守るべき親や親族からとなるとどれだけのダメージを受けるか。あまりに辛すぎる、許せない現実です。

慟哭、という言葉、本当にそのとおりだと思いました。悲しすぎる涙が、叫びが、たくさんつまっていると思いました。冷静な分析をされていた本だと思いましたが、力のある文章で、一気に読めたので、その背景には、憤死しそうになりながらも、多くの慟哭を聞き、それをすくいとって書き上げられたのかと思いました。(ただ、もし読まれる場合にはフラッシュバック注意です、本文にも追記します、配慮がたりなくて申し訳ないです)

>語ることさえできずにいる被害者の多さを考えると、完全に蚊帳の外に居られる人の方が、案外少ないのではないか<

私もそう思います。子どもの頃のことを思い出すと、心当たりのあることがたくさんあるのです。あの子もそうだったのではないか、と。男の子も女の子もいます。わたし自身、忘れていたことも思い出しました。
また、子どもと接する仕事をしていたことがあるのですが、そのときにも、サインを出していた子がいたと今になって思うとわかります。どうしてあのとき気付いてあげられなかったのだろうと、知識もなく虐待の多さも知らなかった自分を呪います。
性的虐待は、家族や身近な大人からが実はとても多く、子ども自身も否定したり自然と隠したりしてしまうので(なかなか一般には理解されにくいでしょうが、無理もないことです)、本当に、助けを求められることのできる子がどれだけいるだろうかと思うと、悲しくて悲しくて涙が出ます。
CAPプログラムを実施すると誰かが話をしにくることが多いそうです。でも、今の日本ではどういうケースでも確実に助けてあげる、ということができない。

子どもの性被害は、とても多いですよね。まさかそんなこと、と思っている人が大半ですが、精神科医等も、そういう視点で見るとどんなに多いかがわかったと仰る方が多いです。でも実際に被害にあっている子どものころには助けを求めることはできにくい、その受け皿がない状態です。

韓国や台湾はかなりすすんでいます。森田ゆり氏の2008年出版の本「子どもへの性的虐待」を読んで、いかに日本がおくれをとっているか、子どもや女性に優しくない国ということか、はっきりわかります。悲しいです。

児童相談所ではまかなえないと思うのです。とにかくワンストップセンターをつくってほしいと強く思います。民間で何かできないだろうかと考えています。

実態を把握しないから動かないのではなく、対処するところをつくれば実態がわかるはずです。あまりに悲しすぎる実態ですが・・・。韓国をバカにしたりしている人がいますが、日本だけ違うとなぜ思えるのか、おかしすぎます。

kanakaさま、勇気あるエントリと仰っていただいて、また一緒に痛みを感じていただいて、こちらこそありがたいです。やりとりさせていただいて、本当に嬉しいです。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。まとまりのない変な文章で申し訳ありません。

[C213] リンクについて

性犯罪についての新しい記事を出して、こちらを紹介しようとその中でこちらをリンクしました。

でも、こちらに変なコメントがわかないように別館の方をリンクしたほうがよかったでしょうか?問題があればおっしゃってください。直します。
  • 2009-08-15 22:34
  • 村野瀬玲奈
  • URL
  • 編集

[C214] 村野瀬玲奈さま

コメントありがとうございます。いつも拝読させていただいています。勉強になります。
特に選挙前ですし、自分でいろいろ調べる余力があまりないので、村野瀬玲奈さまのブログの情報量には本当に助けられています。

村野瀬さまの読者様は、まともな方が多いので大丈夫です。別館はあくまでも衝突が多いところ用、理解のない人むけ、と考えていますので、こちらをご紹介いただいてありがとうございます。

仮に変なのが来ても別館へどうぞと誘導します。別館をもう少し整備しなくてはいけないのですが、はてな記法が面倒で(汗)

性暴力に関心を持って訪れる方は、無礼なことはしないようです。そっと拍手コメント等をくださいます。なので、どうぞご心配なさらないでください。お気遣いありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T7] 点火期 -Ignition Period-

 過日、ある方にメッセージを送った。エールとリスペクト、そしてシンプルな感謝の気持ちを綴りたくて書き始めたはずが、気づけば自分の過去を振り返る内容になってしまった。実は自分のトラウマを、それを一般的に総称する言葉を使って記したのは、これが初めてだった。た
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/33-89bff887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。