Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/4-cbc44634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

性犯罪における、裁判員制度の問題点

裁判員候補者の守秘義務の問題、性犯罪被害者の個人情報の問題についての問題が発端となって、今回の騒動となったわけだが、実は、問題は、守秘義務のことだけではない。性犯罪を裁判員制度の対象にすること自体に、大きく無理がある。

裁判員制度が始まった21日、あちこちのテレビで、法廷の様子が映し出されていた。
大きなスクリーンとは別に、裁判官だけでなく、裁判員にも、各席モニターが用意されていた。
大変ショックだった。やはり、裁判員も、裁判官と同様に、ビデオリンク制度を使ったにしても、被害者の顔、表情を見ることができるのか。


また、裁判員は証拠物件を精査することが求められる。写真だけではなく、現物も使う可能性もあるという。そして、証人にも、被告人にも、質問する権利がある。

通常の事件の場合は特に問題はないだろう。事件の真相を明らかにするという意味で、大きな意味はあるだろう。

だが性犯罪の場合、被害者は証人である。もちろん目撃者等がいれば証人となる可能性もあるだろうが、そういう第三者が絡まない場合、証人はほぼ、被害者である。
そして、性犯罪の場合、容疑自体を否認したり、それが無理な場合には合意を主張してくる輩が非常に多い。腹立たしい限りだ。

仮に、加害者が容疑を認めず、検察から証人として採用され、被害者が出廷することになったとしよう。そうなった場合、被害者の精神的苦痛はいかばかりか。
理解されにくいかもしれないが、加害者が法廷にいる、その同じ空間へいくということさえ、あまりに恐怖が強い。たとえビデオリンク制度を使ったにしろ、同じ建物にいるということだけでも、とても、とても、怖いのだ。
さらに、裁判が公開の場である以上、大勢の傍聴人が聞いている中、事件のことを話さないといけないというのは、精神的苦痛が大きすぎる。

それに加え、この裁判員制度で、
被害者にとって見られたくない証拠を司法関係者のみならず、一般市民である裁判員にも見られるのだ。忘れ去りたい記憶を、証拠として目の前につきつけられ、さらに質問さえされる可能性があるどこまで被害者を追い詰めるつもりなのか。
あまりにひどい。ひどすぎる。被害者の方の気持ちを考えると、胸が張り裂けそうな、身が引き裂かれるような思いだ。

このことは、アジア女性資料センター様のサイトで、

裁判員制度:性犯罪被害者への二次被害のおそれ――ある性犯罪被害者の方からのメッセージというかたちで、取り上げていただくことができた。

アジア女性資料センター様、ありがとうございました。

一部生々しい表現が含まれているので、フラッシュバックする可能性がある方は、読むかどうかも含め、体調とご相談の上、お決めいただければと思います。






ぜひこちらのサイトもご覧ください。
※参考サイト  
裁判員制度における性暴力事件を考える 

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/4-cbc44634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。