Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/50-6a169170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

直接会って、対応できる機関がない現実

NHK 福祉ネットワークで、「政権交代 自殺対策への提言」を見た。

番組サイトから引用


<内容>
 今年に入り、月ごとの自殺者数は過去最多のペースで増え続けている。また完全失業率も過去最悪の数字となった。
 失業や就職の失敗、借金など経済苦、生活苦による自殺が相変わらず増えている。番組では経済的な要因からの自殺をどう防ぐかを具体的に考えていく。さらに新政権に移行する中、民主党内閣の自殺対策に今後、求められるものは何かも考える。

<出演者>
清水 康之さん(自殺対策支援センター・ライフリンク代表)

                    ※再放送は、9月17日(木) 13:20~13:49


私はふだんテレビはあまり見ないので、本当に偶然だった。途中から見たのだけれど、印象に残ったことを書こうと思う。



<ハローワークを自死対策の拠点にしていく動き>

メールや電話での相談も、臨床心理士や産業カウンセラーなどで受け付けているところもある。
でも、そこに辿りつくには、自分の悩み、抱えていることを、言葉にして表現するエネルギーがいる。
それさえできないことも多い。

ハローワークでの調査結果では、職が見つからない就労困難への焦り、自信喪失、生活困窮など、
自死を考えている、考えたという方の割合がとても多かった。
ハローワークを拠点にすれば、何に実際困っているのかを把握することができ、具体的なサポートにとりかかることができる。

生活苦、借金などでより追いつめられている等の原因があれば、解決策や対応窓口を紹介する。
自治体で行っている法律相談なども、ハローワークでも週数回でも、行えるようにする、等。
必要な場合は精神科等の受診を勧める、等もあった。

とても具体的だと思った。



<行政が自死を考えている人に気付くためのポイント>

保険料や税金等の支払いの未払いの裏にあるものを考える、等、いろんな方面から



<自死を考えている人が訪ねる可能性のある行政窓口の対応の手引き>

一部紹介されていたけど、この手引き、とても具体的だった。
最初にこうした声かけをしましょう、等の話の聞き方。
状況を把握し、この場合はこう、この場合はこういう対応をしましょう、等。



<政治主導に>

それぞれの省庁の担当者が会議して、それぞれが進めるというやり方のお役所仕事には限界がある。効率も悪く、カバーしきれない。
本腰を入れて取り組むには、ネットワークの構築が必要で、もっと政治が主導する必要がある、等。



などなど、出演者の方のお話がとても説得力があった。
(本当はもっともっと濃い内容だったのだけれど、あやふやなのをそのまま書くのに抵抗があり、メモとっておけばよかったと後悔)



出演者の方の仰ることのひとつひとつに、共感できたし考えさせられた。


私も、常々、性暴力被害への直接的な支援窓口がないことに、嘆いていたから。
そして、自分の経験からも、ネットだと匿名性は守られるけれど、言葉にするには、かなりのエネルギーがいることが痛いほどわかるから。ひとり孤独に自分の体験に向き合うのは、つらい。文字だけで伝えるというのは難しい。

たとえば、要望を出したくても、難しいのではないか。つらいことを思い出さなくてはいけないからだ。
ひどいPTSDや鬱状態だと、考えをまとめるのも難しい。集中するということ自体が難しい。
そして、あまりに多岐にわたる問題だから、簡単にまとめられないと思う(私もそうだ)。
このあたり、悩み中。


例えば安心できる雰囲気の中で、会って困っていることを打ち明けられる、相談できる環境をつくる、というのは、とても難しい。早くクライシスセンターを全国につくってほしい。
専門機関がないから、必要な情報がどこにあるのかさえ分からない状態だ。
長期的にケアすることがどうしても必要なのだけれど。
たとえば自助グループも、地方だとやはり難しい。


性暴力特有の問題。
性暴力は心身にあたえるダメージが大きすぎるのに、適切なケアやサポートを受けることが難しい現実。さらにひとりで抱えこんで悩み苦しんでいく現実。
知られたくない思い。安心して相談できる場所がどこにでもない、少なすぎる現実。
言葉にすることさえ難しい苦しみを、どう軽減していくか。


こういったことをどうクリアしていくかが課題だ。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/50-6a169170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。