Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C282] いつも応援してます。

多面体さんのこころに吹き荒れる嵐、吹きこむすきま風が想像できて、涙がとまりません。
このエントリも、ひとつ前の「それでも、過去のこと」のエントリにも。
ケータイから読んでいる日が多いので、感想を書ける機会が少なくて、ごめんなさい。でも、すべて読んでます。

前々回のコメントを送信した際、ご迷惑を顧みず、少し自分の過去の体験を書きましたが、
あれは要望書を書くために、当時の日記を読み返していて思い出したものでした。

そこには、男の風貌や出身地、
そのとき警察につかまる前に男が私に浴びせた言葉、
警察で男が私について話した内容、すべて書かれていたのですが、
私はその殆どを覚えていませんでした。

私には「忘れた」という感覚がなく、むしろ克明に覚えているつもりだったのですが、
実際に覚えていたことは、あのときの恐怖と絶望だけだったことに気づき、
今さらながら、自分の記憶の消失が怖くなりました。

でも、それは私だけのことではなかったのですね。
今日の多面体さんのエントリを拝読して、驚くと同時に、救われました。
ありがとうございます。

>被害そのものの記憶はない。イメージのようなものしかない。
それも、しかも、まるで幽体離脱のように、私の目は私の顔の中にはなく、部屋の天井にうきあがって私を見下ろしている。<
>なんらかのきっかけ(思い出させるような状況、よく例えられるのが音や匂い等)で、記憶のふたがあきそうになり、苦しくなる。<

まったく同じです。直接引用しなかった他の部分も。
けれど、無知な第三者の前で下手にこんなことを言えば、
「はっきり覚えてないなら、このまま忘れてしまいなよ。」
「忘れられるようになったなら、よかったじゃん」
などと言われそうで、
やっぱり胸の内に閉じ込めたままになってしまいます。
彼らのいうとおり、犯人を許す(ふりをする)ことで、
受けた被害が過去のことに出来るなら、どれほど楽か、と思います。

こういう話を、身近な人に、被害が過去のものになっていない証左として示さなければ信じてもらえないのはとても辛いことですが、
多面体さんのエントリにどれほど励まされ、勇気づけらているか、この気持ちだけは、言葉を尽くして伝えたいと思っています。
いつも応援してます。

※実は指がすべって、コメントの公開・非公開設定を間違えてしまいました^^;
なので、大意に影響のない一部分を割愛させていただきました。
  • 2009-11-04 18:48
  • kanaka
  • URL
  • 編集

[C283] kanaka 様コメントありがとうございます

また光栄にもブログをお褒めいただき、嬉しいかぎりです。
読んだ方に辛い思いをさせるのではないかとも思いつつ書いたので、kanaka様のようにとらえてくださる方もいらっしゃるのはほっとしました。

>「忘れた」という感覚がなく、むしろ克明に覚えているつもりだったのですが、
実際に覚えていたことは、あのときの恐怖と絶望だけだったことに気づき <

同じです同じです。
実は、kanaka様のコメントを読み、私も更に記憶の消失があることに気付きました。
警察で、付きまとわれている間のことは検察に呼ばれるまでにメモにしておくといいかも、と言われたので、思い出せる限り、手帳などと照らし合わせながら書き出したのでした。
思い出す過程でレシートが出てきて、大きな証拠になると後に言われたものもあったのを思い出しました。メモのことは今の今まですっかり忘れていました。レシートのことはこのあいだ思い出したのに。

また、公判担当の検事は本当に何もせず最悪だったのですが、最悪すぎて名前を毎回一部忘れてしまいます。よっぽど記憶に残したくないらしい・・・脳が激しく拒否しています。
犯人やその家族、弁護士についても同様ですし、二次加害者、三次加害者についてもそうですね・・・。

きっと抑圧しないと生きていけないほど辛い記憶だったのだなあと今あらためて思いました。

幽体離脱のような解離症状や、記憶の抑圧は、やはり同じなのですね。楽になると言っていただいて、よかったです。

実は私も、覚えていないというのなら大したことではなかったのかも、と当時自分でさえ思おうとしたこともあったのでした。実際には、今でも後遺症がたくさんあることを考えると、大したことないなんてはずなかったんです。
こういう知識不足が、その後、したくないのに示談せざるをえなかった一因ともなりました。主な原因は他にありますが。

他の後遺症というと・・・
日常で、見知らぬ人が家に来るのとか、初対面の男の人と会うときとかがすごく憂鬱です。男性自体への恐怖は特にないのですが・・・男友達に恵まれていたからかもしれません。
ただ、宅配便の受け取りとか、部屋のガス点検やら家具家電設置などで見知らぬ男性を入れないといけないのが、すごく嫌です。流しのタクシーも乗りたくないですし。
このあたりは過剰だと自分でも思います。でも、用心深くなるのはいいことだとも思ったりもします。
他にもいろいろありますが・・・

なかなかむずかしいですね(苦笑)

※kanaka様、私も一部、編集しました。
 どうぞ、削除要請もお気軽に仰ってくださいね。お気を遣われたのではと心配です。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/66-f5a08917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

言葉にできない孤独

私には、被害そのものの記憶がない。

いつなくなったのかはわからない。

フラッシュバック注意、と書かれてあっても、よく意味がわからなかったくらい、
いつもいつも被害が頭の中で再演されているような状態だったりもした。
でもそれさえも、断片的ではあった。

被害直後、警察に行ったとき。そのときは記憶はあった。
起きたことをそのまま話した。それは間違いない。

だけど。検察に呼ばれるまで少し間があったのだけれど。
その短い日数の間に、どんどん記憶が薄らいでいった。
忘れるというよりも、脳の中に膜がかかっているような感覚だった。
そんなことは初めてで。
そんな自分に混乱した。
あれだけのことを、どうして、忘れてしまうのだろう、と。
こんなに短い日数で記憶が薄らぐということは、経験したことがなかった。

嘘だと思われたくない。
どうなるのかまったくわからないまま、とにかく必死だった。
出てきたら殺される。
ちゃんと話さなくては。
その一心だった。

必死で忘れないようにすると、どうしても思い出さざるを得ない。
常に考えていなくてはならない。
そうすると必然的に、生活に支障が出る。まともに立っていられない。
考えないようにしないと生活できない。


そうやって必死で暮らしていたのだけれど、
私の心の中でそういった葛藤や苦しみがあったことは、周囲には言えなかった。
直後に連絡をした、当時の恋人しか被害のことは知らなかった。
自宅に戻ることができず、そのまま居候することになった。

友人には知らせられなかった。
付きまとわれている間のことも、
友人には、あまりのことに話せなかったし、話すエネルギーさえなかった。
へたに何とかしようとしてくれて、よりひどいことになるのを恐れた。
誰にでも簡単に危害を加えることを何とも思わない相手だったから。


なにより、つきまとわれている間のおかしな状況を、
うまく話せる自信がなかったし、言葉にできないほど、無力感でいっぱいだった。
早く殺して欲しいと思ったくらいだった。ずっとナイフをのどにあてられているような感じ。
ようやくあきらめてくれたかと思ったとき、被害に遭った。


恋人には、支えてくれているのに申し訳ないと思ったし、迷惑をかけてはいけないと思った。
何が起きたか知っている恋人からも、
そして何も知らない周囲からも、一見、普通過ぎるほど普通に暮らしているように思えただろう。


でも実は、後ろからの足音というのがとても怖くて、
自分の後ろに誰かがいる、というのがとても怖くて。
たとえば電車を降りてからも、すぐには動けなかった。
みんなが階段をのぼったりおりたりした一番最後に、
手すりに体をくっつけるようにして、まるでカに歩きのように、
横向きに階段を上ったり下りたりしていた。
後ろがとても怖くて。

でも、このことは誰にも言えなかった。
誰かと一緒にいるときはそんなことはなかったので、誰も知る機会がなかった。
これが一番、日常生活を制限させる後遺症だった。


他にも。
ふとした瞬間に、なにもかもが変わってしまった、と実感してしまうことがあった。
日常のささいなことがきっかけで、それはよくあった。
あまりにささいなことすぎて、それが逆にとても悲しかった。
たとえば、以前は喜んでいたことに何の反応もできなくなったとき。
好きな食べ物、好きな場所、好きなこと。
・・・そういったことにだんだんと無反応になっていった。
時間が経つにつれ、どんどん無気力になり、どんどん何もできなくなった。
ひどい鬱状態と、PTSDに悩まされた。


たちの悪いことに、被害後すぐ、というわけではなかったので、よけいに周囲の無理解を招いた。
被害後すぐというのは逆に、なぜか必死でそれまでの生活と同じことをしようとしていた。


もういいだろう、と言われたときには、心底驚いた。
もう終りにしたいね、疲れたね。
憔悴しきった顔で言われた。


告訴を取り下げろ、という意味だった。


それを聞いたとき、どれだけ、自分におこったことが周囲を苦しめているのか、わかった。
そして、自分が必死に普通に暮らそうとしていることで、
どれだけ苦しんでいるのかが理解されていないのも痛感した。
この人さえも、「大げさにさわいで」という感覚でいるのか、とさえ思い、絶望した。


でも、どうしても告訴取り下げはできなかった。
「ふつうにかんがえて、もう何もしないよ。今度なにかしたら、おわりなんだから」
そう言われたけれど。


その「ふつう」が通用しない相手なのだから、こういうことになったのだ。
その異常さ、怖さを知り尽くしている私には、納得できなかった。
私のふだんいる場所も、ふだんどこに行っているのかも把握されている。
実家も、家族も、友人も。


訴えたくて訴えたんじゃない。今ならそういえるだろう。
終りになんかならない。また恐怖の始まりだと、言えただろうか。
だけど。当時の私はあまりに若く、自分の気持ちを表現する言葉を持たなかった。
あまりに混乱し傷ついていた。


こんなに苦しいのに。こんなに傷ついているのに。

そう言えたら何かが変わっていただろうか。
小さい頃から我慢をするのが当たり前だった私には、
自分のつらさを主張するのはとんでもなくワガママなことと思えた。
自分が我慢することで丸く収まるのなら、と、我慢し続けていた生活だった。
それを破れたのは、ほんとうに、ここ2.3年だ。


結局、一緒にいるのがつらすぎて、その恋人とは別れた。
私から切り出した。
ようやく最後に、無神経な発言をいっぱいした、と途切れ途切れに伝えた。
それが精一杯だった。
そのとき初めて、私がどれだけ我慢していたかを彼も気付いたようだった。
はっとした顔で、ごめん、と言われたけれど、
もう何もかもが遅すぎた。


今ならわかる。
あのことがなくても、きっといつかはそうなる運命だったのだと。
あまりに価値観が違いすぎた。
大事にするものが違いすぎた。
でも、当時の私には、彼しか助けてくれる人はいなかった。
頼りすぎていたと思う。
だけど彼はよく、「肝心なことは頼らないね」と私に言っていた。
すれ違いが大きかった。

おたがい未熟で、おたがい伝えるべきことを伝えないでいた。
相手を尊重しながらも自分の気持ちを伝える、ということができなかった。
重要なことに、きちんと向き合って話しあう、ということができなかった。
話題にするのは怖かった。
口にすることさえ苦痛だった。
彼も同じだっただろう。


ここ最近、ようやく、自分の過去の経験に真剣に向き合っているけれど。
ふしぎと、断片的にしかやはり記憶がない。

まず、被害そのものの記憶はない。
イメージのようなものしかない。
それも、しかも、まるで幽体離脱のように、
私の目は私の顔の中にはなく、部屋の天井にうきあがって私を見下ろしている。


そして、被害前後の記憶も曖昧だ。
ただ、何かいやだ、と感じるものには、かなり関係しているものが多いとわかった。

そして、二次被害、三次被害と続いた地獄のような日々。
ほんとうに、肝心なところが記憶がない。
かなり混乱した記憶となっている。


あまりに辛すぎる記憶は抑圧される。
だが脳の中から消滅したわけではないので、
なんらかのきっかけ(思い出させるような状況、よく例えられるのが音や匂い等)で、
記憶のふたがあきそうになり、苦しくなる。
そういう説明を受けた。


当時は誰もそんなことを教えてくれなかった。
その知識があれば、どれだけ楽になっただろうか。

私だけが異常なのか、頭がおかしくなったのかと悩んだ。


でも、多くの被害者の方の話を聞いて、
被害そのものの記憶がないのも、
まるで幽体離脱のような状態なのも、
ふつうだとわかった。

人間の心ってすごいね、と変に感心して笑いあった。
これは同じ被害に遭った者同士だからできる会話。
ふつうならわかってもらえないこと。
それを安心して話せる相手。

たくさんのつながりが、救いとなることもある。

そういうつながりを、たくさん見つけていきたい。



私がとても好きな本。

リンダ・ハリディ=サムナー著 「リンダの祈り」

「リンダの祈り」 p1~3 「まえがき」より引用

 この23年間、カナダで性虐待の専門家として、被害者が加害者を告訴した際の法廷支援を中心に仕事をしてきました。これまでに支援した人の数は5000人を超えます。こうした仕事をはじめた理由は私も被害者の一人だからです。
 私の人生は長いあいだ危機と混乱の連続でした。6歳から16歳までの10年間、父から性虐待を受けました。祖父にも性的な接触をされています。自暴自棄におちいって14歳で売春に走り、少年院に送られたこともあります。28歳までに、何人もの男に強姦されました。そして、心の痛みを忘れるために何年間も、精神安定剤に依存し、お酒に溺れ、不倫を重ね、自殺も図りました。
 このような経験をしてきた私が本書を出版するには、理由があります。どのような虐待だろうと、虐待を受けた側に責任はないということを伝えたかったのです。虐待を受けた多くの人は、すべての責任は自分にあると感じて、無力感でいっぱいになっています。けれども、あなたに責任はないのです。
 同様に、虐待を受けた多くの人は、自分は一人ぼっちだと感じて、孤独におちいっています。しかし、決してあなたは一人ぼっちではありません。
 たとえ激しい心の痛みを経験したとしても、それを癒して乗り越えることができる、人生は自分の力で生きていくことができる、希望の光はある、と伝えたかったのです。本書を通じて、私の得てきた経験と知識をみなさんと分かちあいたいと思います。
 また、被害者だけでなく、被害者の家族や友人、深い心の傷を負った人をサポートする人たちの、性虐待被害者への理解と共感をもたらす助けとなることを望んでいます。そして、性虐待を私たち社会の問題として、多くの人たちに伝えられることを強く願っています。(中略)
 よい思い出も、思いだしたくないことも、すべての人生経験が、今の自分を築き上げているのです。それらの経験とどう向きあうかは、私たち一人ひとりにかかっています。
 本書が、あなたの人生を創造的に再構築できるツールとなることを望んでいます。どのようなツールでも使い方は一人ひとりにゆだねられます。知識と経験は力です。ここに書かれているメッセージのすべては、私から日本のみなさんへのプレゼントです。
 あなたの心の暗闇に光が射しこむことを、心から祈っています。
                                   
                                     リンダ・ハリディ=サムナー

 



リンダの祈り―性虐待というトラウマからあなたを救うためにリンダの祈り―性虐待というトラウマからあなたを救うために
(2003/06)
リンダ ハリディ=サムナーLinda Halliday‐Sumner

商品詳細を見る


大好きな本です。この本と、リンダさんと出会えたこと、感謝しています。



※こちらは性暴力に理解のある方限定です。別館にも同じエントリをあげています

コメント

[C282] いつも応援してます。

多面体さんのこころに吹き荒れる嵐、吹きこむすきま風が想像できて、涙がとまりません。
このエントリも、ひとつ前の「それでも、過去のこと」のエントリにも。
ケータイから読んでいる日が多いので、感想を書ける機会が少なくて、ごめんなさい。でも、すべて読んでます。

前々回のコメントを送信した際、ご迷惑を顧みず、少し自分の過去の体験を書きましたが、
あれは要望書を書くために、当時の日記を読み返していて思い出したものでした。

そこには、男の風貌や出身地、
そのとき警察につかまる前に男が私に浴びせた言葉、
警察で男が私について話した内容、すべて書かれていたのですが、
私はその殆どを覚えていませんでした。

私には「忘れた」という感覚がなく、むしろ克明に覚えているつもりだったのですが、
実際に覚えていたことは、あのときの恐怖と絶望だけだったことに気づき、
今さらながら、自分の記憶の消失が怖くなりました。

でも、それは私だけのことではなかったのですね。
今日の多面体さんのエントリを拝読して、驚くと同時に、救われました。
ありがとうございます。

>被害そのものの記憶はない。イメージのようなものしかない。
それも、しかも、まるで幽体離脱のように、私の目は私の顔の中にはなく、部屋の天井にうきあがって私を見下ろしている。<
>なんらかのきっかけ(思い出させるような状況、よく例えられるのが音や匂い等)で、記憶のふたがあきそうになり、苦しくなる。<

まったく同じです。直接引用しなかった他の部分も。
けれど、無知な第三者の前で下手にこんなことを言えば、
「はっきり覚えてないなら、このまま忘れてしまいなよ。」
「忘れられるようになったなら、よかったじゃん」
などと言われそうで、
やっぱり胸の内に閉じ込めたままになってしまいます。
彼らのいうとおり、犯人を許す(ふりをする)ことで、
受けた被害が過去のことに出来るなら、どれほど楽か、と思います。

こういう話を、身近な人に、被害が過去のものになっていない証左として示さなければ信じてもらえないのはとても辛いことですが、
多面体さんのエントリにどれほど励まされ、勇気づけらているか、この気持ちだけは、言葉を尽くして伝えたいと思っています。
いつも応援してます。

※実は指がすべって、コメントの公開・非公開設定を間違えてしまいました^^;
なので、大意に影響のない一部分を割愛させていただきました。
  • 2009-11-04 18:48
  • kanaka
  • URL
  • 編集

[C283] kanaka 様コメントありがとうございます

また光栄にもブログをお褒めいただき、嬉しいかぎりです。
読んだ方に辛い思いをさせるのではないかとも思いつつ書いたので、kanaka様のようにとらえてくださる方もいらっしゃるのはほっとしました。

>「忘れた」という感覚がなく、むしろ克明に覚えているつもりだったのですが、
実際に覚えていたことは、あのときの恐怖と絶望だけだったことに気づき <

同じです同じです。
実は、kanaka様のコメントを読み、私も更に記憶の消失があることに気付きました。
警察で、付きまとわれている間のことは検察に呼ばれるまでにメモにしておくといいかも、と言われたので、思い出せる限り、手帳などと照らし合わせながら書き出したのでした。
思い出す過程でレシートが出てきて、大きな証拠になると後に言われたものもあったのを思い出しました。メモのことは今の今まですっかり忘れていました。レシートのことはこのあいだ思い出したのに。

また、公判担当の検事は本当に何もせず最悪だったのですが、最悪すぎて名前を毎回一部忘れてしまいます。よっぽど記憶に残したくないらしい・・・脳が激しく拒否しています。
犯人やその家族、弁護士についても同様ですし、二次加害者、三次加害者についてもそうですね・・・。

きっと抑圧しないと生きていけないほど辛い記憶だったのだなあと今あらためて思いました。

幽体離脱のような解離症状や、記憶の抑圧は、やはり同じなのですね。楽になると言っていただいて、よかったです。

実は私も、覚えていないというのなら大したことではなかったのかも、と当時自分でさえ思おうとしたこともあったのでした。実際には、今でも後遺症がたくさんあることを考えると、大したことないなんてはずなかったんです。
こういう知識不足が、その後、したくないのに示談せざるをえなかった一因ともなりました。主な原因は他にありますが。

他の後遺症というと・・・
日常で、見知らぬ人が家に来るのとか、初対面の男の人と会うときとかがすごく憂鬱です。男性自体への恐怖は特にないのですが・・・男友達に恵まれていたからかもしれません。
ただ、宅配便の受け取りとか、部屋のガス点検やら家具家電設置などで見知らぬ男性を入れないといけないのが、すごく嫌です。流しのタクシーも乗りたくないですし。
このあたりは過剰だと自分でも思います。でも、用心深くなるのはいいことだとも思ったりもします。
他にもいろいろありますが・・・

なかなかむずかしいですね(苦笑)

※kanaka様、私も一部、編集しました。
 どうぞ、削除要請もお気軽に仰ってくださいね。お気を遣われたのではと心配です。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/66-f5a08917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。