Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/7-076ae6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裁判員制度対象の性犯罪、イニシャルで質問?

「各地裁の判断」「最高裁は関係ない」「検討できる立場にない」等々言っていた最高裁ですが、ようやく、何らかの方針を示す見通しである・・・ということです。
裁判員対象の性犯罪裁判 候補に被害者名告げず 最高裁方針 イニシャルなどで質問

裁判員対象の性犯罪裁判 候補に被害者名告げず 最高裁方針 イニシャルなどで質問
(2009年5月30日掲載)

裁判員裁判を実施する各地裁は、強姦(ごうかん)致傷など性犯罪の裁判員選任手続きで、候補者に被害者の氏名は明かさず、イニシャルや年代などにとどめ裁判長が個別の質問で被害者の関係者かどうか確認する見通しであることが、最高裁への30日までの取材で分かった。

裁判員候補者に事件の情報に関する守秘義務はなく、21日の裁判員制度施行に当たり、女性支援団体などが性犯罪被害者のプライバシー保護などを要請していた。 最高裁によると、裁判員裁判では、対象事件ごとに50-100人の候補者を各地裁の裁判員選任手続きに呼び出す。

各地裁は候補者に、まず被告や被害者の名前を含めた事件の概要を説明し、被告や被害者との関係の有無を確認する。それぞれの親族や同居人などは不選任とし、友人や知人などで不公正な裁判をする恐れがあると判断した場合も候補者から外さなければならない。

この概要説明で、性犯罪被害者は「30代のSさん」などとするほか、市区町村の規模により、おおまかな住所地を伝えて、候補者に心当たりがないか尋ねる。  その後、心当たりがあると答えた人には、裁判長が一人一人実施する質問の中で、心当たりのある人の名前を聞き、被害者かどうか確認する。

殺人や傷害致死など性犯罪以外の罪名の対象事件に性暴力が含まれている場合も、被害者情報保護の必要性があれば同様の方法をとるという。
 
裁判官は独立して職務に当たるので、こうしたやり方を一律に徹底することはできないが、最高裁は「事件に応じた裁判員選任手続きの方法は協議を続けてきたので、各地裁は対応を把握している」としている。



「性犯罪被害者は「30代のSさん」などとするほか、市区町村の規模により、おおまかな住所地を伝えて、候補者に心当たりがないか尋ねる。その後、心当たりがあると答えた人には、裁判長が一人一人実施する質問の中で、心当たりのある人の名前を聞き、被害者かどうか確認する。 」とのことです。

まだまだ問題だらけですが、「指針を示さない」と強硬な姿勢であった当初から変わってきているのは、皆様の反対の声が集まり、世論が高まったからです。ありがとうございます。

指針を示してもらったのはよいのですが、何だか、定年に近い50代のオジサンの感覚で、これならいいだろうという意思を感じるのは私だけでしょうか。どうも、現状にそぐわないのを感じます。

「市町村の規模によりおおまかな住所地を」とありますが、市町村合併で、名前が変わり、自分の知っている場所なのかどうかさえわかりません。自分の出身県でさえ、「なんとか市」と言われても、いまいち昔のどの町を含むのか、すぐわかりません。
それに、知り合い全ての住所をすぐ思い出せる人、どれだけいるでしょうか。自分の知り合いの家族だったり、自分の家族の知り合いだったら、どうでしょう。知り合いではあっても把握しきれません。そもそも、どこまでを知り合いとするのか。

また、仲が良くても、住所は知らない、もしくはおおまかな住所しか知らない、ということも多いと思います。それに、引越していたりしたら把握しきれません。
年賀状全てをめくる?いえいえ、年賀状のやりとりさえ、限られた人としかしない人もいます。

性犯罪被害者でなくても、男性には、住所を知らせないという方針の女性もたくさんいます。
疎遠になりたい人には、引越しを機に、住所を教えないということもあります。そういう人(疎遠になりたい相手)が選ばれたら?

まだまだ不十分です。
やはり、性犯罪は裁判員制度の対象外にするしかないと思います。
国の制度不備で、男社会で何も考えていなくて、今あわてて考え出したところで、そんな急ごしらえの方法で、実施されるなんて、迷惑はなはだしいです。

しかし、少しは動きが出てきました。どんどん回答を変える最高裁。裁判官は各独立しているとは憲法上、形式上であり、実際は組織として上の立場なものですから、現場の裁判官から相談の声が集まっているんでしょうね。法曹界ってそういうものです。

どんどん問題点を指摘していけば、最高裁は逃げても、現場である地裁で、さらに改善してもらえるのではないかと期待が持てました。皆さまが世論を盛り上げてくださったおかげです。感謝してやみません。ありがとうございます。

どうか今後ともよろしくお願いいたします。




ぜひこちらのサイトもご覧ください。
※参考サイト  
裁判員制度における性暴力事件を考える 

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/7-076ae6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。