Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C460]

夫からモラハラを受けていて、奇跡的にやめてもらえたのですが、最近 また始まりそうで、自分を保てるか不安でこちらにたどり着きました。

夫は自分でも気付いたようで、トーンダウンしてくれましたが、昔を思い出して怖くてたまらなかった時に、とても心強い言葉を頂きました。

ありがとうございました。
  • 2011-12-09 01:07
  • HN未記入は削除対象
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T31] 闘う君の唄

 もうずいぶん前になるけど、こんなエントリーを書いた。そういえば、このときも女性差別関係の話でエントリー書いてたんだっけ。一応曲の...

[T26] 『「あなたは悪くない」と言ってあげられますか?』冊子が届く(追記あり)

先日、注文しました『「あなたは悪くない」と言ってあげられますか?』冊子が手元に届きました。 送料込みで180円。 安すぎて、ちょっとびっくり;(送料もうちょっとかかると思っていた) いいんだろうか…;間違えてないよね? 冊子の中身は「性犯罪被害者」の方の
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/75-15de26b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

精神の健康に必要な5つの力

実は、暴力からの回復の過程は、共通しているところがたくさんある。
暴力と一言で言っても、
DVであったり、虐待であったり、いじめ、モラハラ、パワハラ、セクハラ、ストーカーなど、
様々な暴力があるけれど。
(参考 : “暴力”  “人権” を改めて考える )

性暴力は、破壊的ダメージを与え、性に関して加えられた暴力であるゆえに、
おかしな色付けがなされ、よけいに苦しむこととなる。
(参考 : 性被害についての認識のずれ )


でもやはり、暴力、外傷、という点では、共通しているところは多い。
かの有名な、トラウマ、PTSDの専門書である「心的外傷と回復」。
素晴らしい本。
ただ、これは専門書ゆえに分厚く、難解なところもあり、簡単には読めない。
ずたずたな自分の心にに向き合うのってただでさえ苦しいから、余計にそうだと思う。

少なくとも、私は、そうだった。気力がないとき。
ひどい鬱やPTSDに悩まされていて集中すること自体が困難だったりしたとき。
本を読む、勉強する、というのは、本当にできなかった。

心的外傷と回復心的外傷と回復
(1999/11)
ジュディス・L. ハーマン

商品詳細を見る


最近見つけた本で、良いと思ったもの。
やさしい語り口で、さらさらっと読めるのがいい。
何より、薄い本なのだけど、かなり重要なことがぎゅっとたくさん詰まっている。

傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック
(2005/11)
レジリエンス

商品詳細を見る



引用させていただきたいところは、たくさんあるのだけれど。
今日はその一部を。

精神の健康に必要な5つの力

精神的に健康であるためには、5つの要素を保つことが大切です。

①安全・安心
②信頼
③愛情
④自分の力・コントロール
⑤自尊心

DVや虐待(※引用者註//性暴力も同様) はこうした5つの要素を打ち消してしまいます。



①安全・安心

 暴力や危険をもたらす環境では安全感をもてません。安全感をとりもどすにはまず危険や暴力から離れることです。離れられない場合は、生活の中で安全な時間や空間を作るように心がけることです。それだけではまだ十分に安全を感じられない場合でも、毎日同じことの繰り返しを経験していくと安心感がもどってきます。(略)長い期間安全な毎日が繰り返されることで安全・安心を信じられるようになります。


②信頼

 身近な関係でありながら自分に虐待を続けるパートナー(※引用者註//加害者や二次加害者も同じ) との関係は信頼して関係を築く力を衰えさせます。安全な環境を手に入れると、以前よりも注意深く、本当に信頼できる人に対して信頼感をもつようになります。


③愛情

 自分を愛してくれるはずのパートナー(※引用者註//加害者や二次加害者も同じ) からの暴力は愛情を感じたり与えたりする力を奪います。安全感を得、信頼感がもどると愛情を感じたり与えたりすることができるようになってきます。


④自分をよい状態にコントロールする力

 暴力のある環境から離れられないと感じていたり、パートナー(※引用者註//加害者や二次加害者も同じ) にはかなわないと感じている時は自分をよい状態にコントロールする力がもう自分にはないように感じられます。しかしその環境から離れて自分をコントロールする力に自信がもてるようになります。また今までは相手の機嫌にばかり焦点をあてていましたが、自分の状態に焦点をあてて自分のケアに時間が使えるようになります。


⑤自尊心

 暴力があったり、尊重されなかったり、本来自分がもっている力を感じられなくなる環境は自尊心を容赦なくうばいます。しかし環境が整ってくる中で、自分を大切な尊い存在、人に愛されるのに値する人間であると感じられるようになり自尊心が高まります。


 5つの要素がそろうと自分の精神の安定がもどり自分らしく輝くようになります。


                       「傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ
                             DVトラウマからの回復ワークブック」 p34~36



註、で書いたのは、私の経験から。


ひどいことをされたら傷つくのは当たり前。

でも、目に見えない形で傷ついていると、よけいに周囲の無理解で孤立してしまうかもしれない。
精神的な症状、病に関しては、まだまだ偏見が横行していることもあって。
怪我をして血を流している人には言わないことを、
心が大けがしてずたずたにぼろぼろになっている人には、言われてしまう現実。

本当に、身体的な病気と同じで。
脳の中の物質の変化で、引き起こされる症状なのだけれど、なかなか理解してもらえない。


でも、声を大にしていいたい。
性暴力は、上記の、5つの要素をことごとく奪うのだ。


被害に遭われた方へ。
どうか、自分を責めないでください。
もうじゅうぶんすぎるほど傷ついているのだから、
どうか、ご自分を、いたわってあげてください。

傷ついたら、休んで、回復する権利があります。
何もできない、と思っても。
苦しくて苦しくて、どうしようもないと思っても。
それも全て、回復へと向かっているのだと私は思うのです。

弱ってしまったように思えても。
何もかもが変わってしまったように思えても。

ただ、一時的にダメージを受けてしまっただけで。
あなた本来の、持っている力。強さ。
そういったものは、実は、何も変わってはいないのだから。

何度でも、何度でも、言いたい。
あなたは、なんにも、悪くないのです。

コメント

[C460]

夫からモラハラを受けていて、奇跡的にやめてもらえたのですが、最近 また始まりそうで、自分を保てるか不安でこちらにたどり着きました。

夫は自分でも気付いたようで、トーンダウンしてくれましたが、昔を思い出して怖くてたまらなかった時に、とても心強い言葉を頂きました。

ありがとうございました。
  • 2011-12-09 01:07
  • HN未記入は削除対象
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T31] 闘う君の唄

 もうずいぶん前になるけど、こんなエントリーを書いた。そういえば、このときも女性差別関係の話でエントリー書いてたんだっけ。一応曲の...

[T26] 『「あなたは悪くない」と言ってあげられますか?』冊子が届く(追記あり)

先日、注文しました『「あなたは悪くない」と言ってあげられますか?』冊子が手元に届きました。 送料込みで180円。 安すぎて、ちょっとびっくり;(送料もうちょっとかかると思っていた) いいんだろうか…;間違えてないよね? 冊子の中身は「性犯罪被害者」の方の
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/75-15de26b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。