Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C327]

別館にコメントしたことがありますが、こちらは初めての訪問なので、とりあえず「はじめまして」です(汗)
多面体さんのおっしゃる通り、私も「狙われたら最後」だと思ってます。私は今から20数年前の小学生のとき、見知らぬ成人男性から性被害を受けました。男性加害者は用意周到でした。犯行時刻は夏の午後3時前後の明るい時間で、犯行場所は広大な公園の(視界が遮られた)生い茂った森の中。力ずくで連れ込まれました。抵抗する私に対し加害者は、「 大人しくしろ、もっと酷いことをするぞ」と脅迫しましたよ。
事件以来、私はできる限りの「自衛」を心掛けるようになりましたが、残念ながら痴漢行為に遭遇したことがあります。「自衛」してようがしてまいが、「狙われたら最後」なのです。
私は性被害から20数年の時間をかけて、「自分なりにようやく回復できた」という実感を持ち得ました。それは、性暴力被害の決して消滅しない記憶とともに、人生を全うしようという覚悟です。悲壮感はありません。静かな自分がいるだけです。←ちょっと攻撃的で強気な性格ですが(汗)
では、長文コメントで失礼しました(汗々)
  • 2009-12-22 15:41
  • idoido
  • URL
  • 編集

[C328] idoido様

こちらにもコメントありがとうございます。

お話を聞いて、胸が痛くなりました。なんてひどいことを小さい子に対してするのでしょう。

加害者は本当に計画的ですよね。
自分の行動範囲内で、ターゲットを見つけます。
本当に、一度狙われたら最後、とつくづく思います。
そう思えるようになるまで、時間がかかりましたが・・・。

私も、「自衛」はしているのですが、変なことはありますね。犯人が捕まった事件以外にも、あります。

露出狂やら痴漢やら、いろいろですが。
コンビニを出てすぐ変な車がすごい勢いで近づいてきたことがあります。これはよくある手口のようです。分担して一人暮らしっぽい人を見つけ出すのだとか。じろじろ見る人がいるなぁと思ったのですが、気のせいではなかったようです。ナンバーを見れなかったのが今も悔やまれてなりません・・・。被害に遭うか遭わないかは、本人にはどうしようもできないです。

どう「自衛」しろというのだ?とつくづく思います。被害に遭わない方法など、ないです。

日常生活の中での知り合いは、防ぎきれないですし。全く性的対象と見ないふりをして近づいてきたりするのです。
非常に巧妙な手口です。

>「自衛」してようがしてまいが、「狙われたら最後」なのです。

本当にそう思います。加害者の問題ですよね。防ぎようがないです。

>私は性被害から20数年の時間をかけて、「自分なりにようやく回復できた」という実感を持ち得ました。それは、性暴力被害の決して消滅しない記憶とともに、人生を全うしようという覚悟です。悲壮感はありません。静かな自分がいるだけです。

とても共感します。私も、被害による傷は薄くはなっても、完全に消えることはないように思います。
でも、それが当たり前だ、それだけひどい目にあったのだ、と思えるようになってから、ようやく楽になりました。
時折へこたれそうになりますが、最近は私も、なんとしても生き抜いてやる、と、静かなたくましさを自分の中に感じます。

idoido様に、力強い言葉をもらい、今もとても励まされました。ありがとうございます^^

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T32] やっぱりそうなんだ

続けて新しい多面体さんのエントリー。 やっぱりそうなんだ。 狙われたら最後なんだ。 なにも最終的な被害だけの話ではない。 会社のセクハラ、いじめ、痴漢、職場からの追い出し、 いろいろなところで、加害者は「誰をターゲットにすべきか」よくわかっている。
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/88-9f151267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

狙われたら最後

加害者はとても用意周到に、計画的に犯行を行う。

狙われたら最後、逃れる術はない。


性欲が異常な、めったにいないようなごく僅かな男性が、「つい」衝動的に行う犯行ではないのだ。
弱いものを恐怖に陥れ、最大限の屈辱を味あわせ苦しめることを喜ぶ、人間のクズが行う犯罪だ。
暴力でしかないのだ。
性という側面に捉われると、本質が見えなくなる。

検察も裁判官も相変わらず判を押したように「性欲」云々の話をし続けているが、
いったいいつまでそういうことをやっているつもりなのか。


世間も、いつまで「自衛」で防げるなんて思っているのか。

性犯罪に限らず、犯罪者はとても多い。
身近にいないと思っているのなら、それは間違いだ。
性犯罪者は、逮捕さえされていない者があまりに多い。
逮捕されてもあまりに刑は軽い。執行猶予が当たり前、実刑でもほんの数年。
一人の被害者の後ろには、何十人何百人もの被害者がいる。

加害者は、犯罪者という認識さえない、世の中はちょろい、としか思っていない。
全能感に浸りたいがため、嗜虐欲、支配欲、征服感を満たすため、という歪んだ思考で行う、きわめて理性的な犯罪だ。


自衛などで防げるわけがない。
考えられる限りの自衛は誰だってしている。


※こちらは、管理人と友好関係にある方、性暴力に理解のある方に限定させていただいています。
 別館にも同じ記事をあげています。http://d.hatena.ne.jp/manysided/20091221/1261423793


コメント

[C327]

別館にコメントしたことがありますが、こちらは初めての訪問なので、とりあえず「はじめまして」です(汗)
多面体さんのおっしゃる通り、私も「狙われたら最後」だと思ってます。私は今から20数年前の小学生のとき、見知らぬ成人男性から性被害を受けました。男性加害者は用意周到でした。犯行時刻は夏の午後3時前後の明るい時間で、犯行場所は広大な公園の(視界が遮られた)生い茂った森の中。力ずくで連れ込まれました。抵抗する私に対し加害者は、「 大人しくしろ、もっと酷いことをするぞ」と脅迫しましたよ。
事件以来、私はできる限りの「自衛」を心掛けるようになりましたが、残念ながら痴漢行為に遭遇したことがあります。「自衛」してようがしてまいが、「狙われたら最後」なのです。
私は性被害から20数年の時間をかけて、「自分なりにようやく回復できた」という実感を持ち得ました。それは、性暴力被害の決して消滅しない記憶とともに、人生を全うしようという覚悟です。悲壮感はありません。静かな自分がいるだけです。←ちょっと攻撃的で強気な性格ですが(汗)
では、長文コメントで失礼しました(汗々)
  • 2009-12-22 15:41
  • idoido
  • URL
  • 編集

[C328] idoido様

こちらにもコメントありがとうございます。

お話を聞いて、胸が痛くなりました。なんてひどいことを小さい子に対してするのでしょう。

加害者は本当に計画的ですよね。
自分の行動範囲内で、ターゲットを見つけます。
本当に、一度狙われたら最後、とつくづく思います。
そう思えるようになるまで、時間がかかりましたが・・・。

私も、「自衛」はしているのですが、変なことはありますね。犯人が捕まった事件以外にも、あります。

露出狂やら痴漢やら、いろいろですが。
コンビニを出てすぐ変な車がすごい勢いで近づいてきたことがあります。これはよくある手口のようです。分担して一人暮らしっぽい人を見つけ出すのだとか。じろじろ見る人がいるなぁと思ったのですが、気のせいではなかったようです。ナンバーを見れなかったのが今も悔やまれてなりません・・・。被害に遭うか遭わないかは、本人にはどうしようもできないです。

どう「自衛」しろというのだ?とつくづく思います。被害に遭わない方法など、ないです。

日常生活の中での知り合いは、防ぎきれないですし。全く性的対象と見ないふりをして近づいてきたりするのです。
非常に巧妙な手口です。

>「自衛」してようがしてまいが、「狙われたら最後」なのです。

本当にそう思います。加害者の問題ですよね。防ぎようがないです。

>私は性被害から20数年の時間をかけて、「自分なりにようやく回復できた」という実感を持ち得ました。それは、性暴力被害の決して消滅しない記憶とともに、人生を全うしようという覚悟です。悲壮感はありません。静かな自分がいるだけです。

とても共感します。私も、被害による傷は薄くはなっても、完全に消えることはないように思います。
でも、それが当たり前だ、それだけひどい目にあったのだ、と思えるようになってから、ようやく楽になりました。
時折へこたれそうになりますが、最近は私も、なんとしても生き抜いてやる、と、静かなたくましさを自分の中に感じます。

idoido様に、力強い言葉をもらい、今もとても励まされました。ありがとうございます^^

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T32] やっぱりそうなんだ

続けて新しい多面体さんのエントリー。 やっぱりそうなんだ。 狙われたら最後なんだ。 なにも最終的な被害だけの話ではない。 会社のセクハラ、いじめ、痴漢、職場からの追い出し、 いろいろなところで、加害者は「誰をターゲットにすべきか」よくわかっている。
トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/88-9f151267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。