Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C357] NHK 性的虐待特集について

すみません、自分のブログ記事にトラックバックをしてみたのですが、
できているか自信がないので、
コメント欄を利用させてくださいね(^^;)

今夜、明晩の放送です。

NHK教育「ハートをつなごう」
予告のハイライトで父親から性的虐待を受けた方のインタビューが
少し放送されたそうです。

1月25日(月)、26日(火) 午後8時~8時29分
再放送 2月1日(月)、2日(火) 午後1時20分~1時49分

[C358] Re: NHK 性的虐待特集について

MARU様、貴重な情報ありがとうございます。

じっくり語るシリーズのようですね。
ぜひ多くの方に見てもらいたいです。

今からエントリ書こうと思います。

[C365] よくわかります

私もどんなにフラッシュバックや、被害に遭った時の状況を思い出させるものに動転して、何も手に付かなくなったり、不安に襲われたかわかりません。

それが仕事中だったり、家族との対話中だったり、もう本当にしんどいです。


>いつまでも過去のことにこだわりすぎる、と言われたりすると、ほんとうに悲しくなる。
こだわりたくてこだわっているのではないのだ。


>自分の気持ちとか弱さに向き合わないで、
「ポジティブにいこーぜ!!」と単純極まりないことを言わないでほしい。
こういうことを言う人に限って、自分がいざそういう目に遭うと、弱いのだと思う。



とても共感しました(全部共感してはいますが)。

私は、他人と自分は違う、というスタンスで生きてきた。
他人の過去や痛みは、自分にはわからないとはっきり無言で意志表示している。

しかしそれは「わかりたくない」のではなくて、
「今はわからない」「言われないとわからないし、言われないのならわからないし、言われたら受け止めたい・理解したい」と思っている。
そして、他人が無理に言わなくてもいいとも思う。言ってほしいとも思う。

人には言えることと言えないことがあるだろうし、できれば言ってほしいけど、
中にはそれを悪用する人もいるので、なかなか言えない現実もあると思う。
でもできるだけ発信してほしいと個人的に思う。


私は自分を理解してもらいたいとは思わない。
奥底では思っているけれど、それは我儘なのではとも思ってしまう。

ただ、言っていることを否定されたり、
勝手に解釈して噂を流されたりするのが耐えられない。

他人との距離をうまく測ろうとすると、周りは協調性がない、という人が出てくる。
言わなくてもいいと思う、やるべきことをしていれば。
なぜ本来の目的とはずれたところで、こんなに他人を責めるのか、そして本来の目的をその人にばかりおしつけるのか。
それを誰も注意しないのか。最後にやっかいものにして追い出すのか。


被害に遭わない人には一生わからないかもしれない。
被害者はごく少数だから、わかってもらえない。

それでも、どうかわかってほしいと思う。

他人が機嫌が悪くても、「そうなんだ」と流してくれる思いやりがほしい。

[C368] allegra さま コメントありがとうございます

> 私もどんなにフラッシュバックや、被害に遭った時の状況を思い出させるものに動転して、何も手に付かなくなったり、不安に襲われたかわかりません。

> それが仕事中だったり、家族との対話中だったり、もう本当にしんどいです。

そうですよね。
まだ軽いものならやりすごせても、本当にきついフラッシュバックは、真っ青になり、表面上とりつくろうのもかなり難しいです(経験者)。


他人との境界線に、敏感になるのはとても大切なことだと思います。
なので、allegra様が書かれたように自分なりの考えをもってそれを大切にするのは、ほんとうに重要なことだと思います。


> 他人との距離をうまく測ろうとすると、周りは協調性がない、という人が出てくる。
> 言わなくてもいいと思う、やるべきことをしていれば。

日本人は特にそうですよね。
どうもそこがポイントのように思います。
個人の感じ方を大切にしない、「こうあるべき」というマジョリティの考えを押し付けてくる。
一時期「KY」という言葉が流行ったのも同じ背景でしょう。
当時わたしは、空気を読めない、んじゃなくって、「そらきって読んでるんだよ」とひとり心の中でつぶやいていました。


なんにでも、自分の考えを言うと、うるさい人がいるから、言わないという選択肢も素敵だと思います。自分を大切にできているということでもありますよね。
言わないと言えないは違うし、話さないと話せないは違って、全部決めるのは自分で、人と違っていいと思うのです。
おたがいにエンパワーしあって、それを大切にできるといいな・・・と思っています^^

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/97-5f0cacfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フラッシュバック

※フラッシュバックするかもしれない内容が含まれています。


別館の記事はこちら→http://d.hatena.ne.jp/manysided/20100124/1264318687

こちらは性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方に限定させていただいています。

 
 
 
 
  
 
一言でフラッシュバックといっても、被害の状況がリアルに再現されるようなものもあれば、
そのときの苦しい感情がわきあがる感情的フラッシュバック(この言葉は私は最近知った)、というものもある。

わたし自身のことにかぎっていえば、
フラッシュバックの内容も頻度も、さらにはそれによるダメージの大きさも、
被害からどのくらい経っているのかということと、
どういう状態なのか、状態がいいか悪いか、などでかなり違ってくるのだけれど。


わたし自身は加害者に付きまとわれている間、必然的に加害者のことをある程度知ることになってしまい。
さらには加害者親族に脅されたりなどする中で、そして裁判の中で、さらには裁判の後で。

そんなの知りたくねーよ、と言いたいくらい、むだに加害者についての情報を知る羽目になってしまった。


そのせいか、加害者を思い出させるようなきっかけというものが、やたらめったら多い。
ふつうに生活していても、なんでこんなに、加害者のことを思い出させるようなものばかりなのだ、と、気が狂いそうになっていた。

二次加害者についてもそうだけれど、やはり加害者本人のことを思い出させるようなきっかけは、相当にきつい。
あたりまえだ、危害を加えた張本人なのだから。


被害に関連すること。苦しいこと。つらいこと。
それに対する意味づけを変える。
それはとても重要なことだ。

たとえば、私は被害に遭う直前の状態、
お金をおろそうかどうか迷ったあげく、「明日でいいや」と思い、疲れて帰宅途中だったせいか。
お財布の中にお金が少ない、という状態がものすごく怖い。

でも体調が悪いと、なんと銀行にさえ行けなくなってしまうので、よけいに悪循環。
どうしようもないときは、コンビニでおろす。
しかも、夜中に気持ち悪くなっておろしたり、早朝おろしたり。
翌日を待つというのが怖くてできなかったりする。

自分のお金ならともかく、パートナーが苦労して稼いできたお金を、よけいな手数料をつけて無意味に引き出すということにものすごく悪いなと思い、落ち込み、落ち込む自分にさらに落ち込み・・・という悪循環に陥る。


こういうことをカウンセラーに話すと、超真剣な顔で、
「でも、いざというときのために、お金は必要なんだから」
と言われた。

えっ、と戸惑う私に、
たとえば夜中に具合が悪くなるかもしれないし、急な誰かの不幸で駆けつけないと行けないときもあるかもしれない、というようなことを言われた。

よく咀嚼できないまま、その超真剣な勢いで思わず頷いてしまったのだが。
ああ、彼女は意味づけを変えようとしてくれたのかもしれない、と思う。
他にもこういうことはわんさかある。

それが自分の中で定着するかどうかは別として、誰か信頼できる相手、好きな相手(性的な意味ではなく精神的な意味で)が、自分の為にしてくれたこと、言ってくれたこと、もしくはそれに関連すること、そういったことの象徴となるようなもの。
そういうものが自分にとってのお守りとなって、心が穏やかになるときもある。


ふだんはやりすごせていても、ほんとうにひどいフラッシュバックというのは、それさえもできない。


フラッシュバックというのは、ほんとうに制御不能だ。
ひたすら、今は安全、今は大丈夫、と言い聞かせても、だめなものはだめだ。

被害に遭ったときというのは (私はつきまとわれていた間も含むけれど、これはむしろ精神的暴力、モラハラに近い)
自分の体だけでなく心も思い通りにされてしまっているということだ。
嫌なのに、自分が大切に思う人としか本来したくないことをされてしまう。
大切にまで思えなくても、いいと思うときに、この人ならいい、と思う人とすることで、それを決めるのも全部本来自分にあるはずなのに、そういう感覚自体もなにもかも、無視され支配されてしまう。
そこにあるのは、相手だけの思い。
傷つけ、そのことで強さを確認し優位にたちたいという、人間のクズの身勝手な思い。
(何が愛していた、だ、と吐き気がする)


性行為についての意味づけは、とても個人的個別的なものだと思う。
たとえ愛のない行為でも、むなしさを感じても、この人とならばいい、と思うこととは全く違う。そして、そのむなしさは、後になって徐々に自分を蝕むので ―(これも私にとっては、という意味だけれど。それは、本当に愛する相手とそういうことをすることの意味を自分なりに見つけたからでもあると思う)
―傷つくからやめるという選択肢もあるし、そういうことを学ぶのも、全部自分で行動した結果だからよいのだろう。
と、思う。


えーと。

何が言いたいかわからなくなってきたけれど、
被害自体の記憶そのものはない、というかイメージのようなものでしかない。今は、だけれど(直後は違った)。
それは脳の中のどこかに押し込められていて、そのふたがあきそうになると、ほんとうに苦しくなる。
記憶がないのならつらくないなんて、大間違いで、記憶にさえ残せないほど、つらすぎる記憶だということだ。
(PTSDは海馬を萎縮させるというのは真実だと思う)

そして、その苦しい記憶をゆさぶり、制御不能になりかけたり、実際に制御不能になることで、ばらばらになった自分というものを改めて痛感し、さらにつらくなる。

そのきっかけとなるようなものが、加害者を想起させるものであったりすると、さらに辛い。
私の場合は、警察も検察も裁判も何もかもきつくて、さらには主要な二次加害者三次加害者を想起させるものも、
全て含めると多すぎて、全く日常生活を送るなんて困難なほどだった。
たとえばパトカーのサイレンがなったり、テレビや映画に法廷の映像が出てくるともう駄目だった。
あげるときりがないくらい、だめなものが多すぎた。
つらい記憶をゆさぶるきっかけとなるもの、トリガーとなるものが多すぎた。

被害そのもののイメージと、狭い取調べ室で屈辱と恐怖を感じていたせいか、いつのまにか暗所恐怖症、閉所恐怖症になっていたし、これは治りそうにもない。


私にとっては、加害者の行動パターンや性格を思い起こさせるようなものが、一番きつい。
そういう人がこちらを性的な対象とした行動をとることで、吐きそうなくらいダメージを受ける。

なぜ、ただ見られたり話しかけられたりするだけでこんなに恐怖なのだろうと思うけれど、
それが、今回、加害者に似た人物ということで、ものすごいダメージを受けてしまったので、
そうか、加害者を思い起こさせるから駄目なのだ、と改めてわかった。

これってでも、避けようがないから、つらい。


EMDRを受けるかどうか迷ったとき、
日常生活に影響がどのくらいあるかで考えたら、というアドバイスをされたけれど。

こんなにもふらふらするくらいなら、やっぱり考えた方がいいのかもしれない。


ただ、EMDRを実施する人によって効果はかなり違うらしいので、慎重に選んだ方がいいということ。
誰か信頼できる人に付き添ってほしいけれど、私の場合、それが難しいので、一人で受けに行くのは、ためらいが残る。



結局は、ダメージのある自分と、どう付き合っていくか、ということなので、
周囲がああしろこうしろ言うことで、よけいに、コントロール、というより自己制御能力を奪われ続けるような気がして、よけいにつらくなる。
ダメージを受けているときは、自分がどういう状態なのか、どういう気持ちなのかさえ、わからない。
自分の感情を感じ取って言葉にすることができないほどダメージを受けているのだから。

ただ、責めずに、あれこれ判断したり評価したりせずに、
そして自分のせいで動揺したりしない(これでよけいに自責感と罪悪感が強まり、孤独感が深まるし軋轢がうまれる)、
安心して思いを受けとめてくれる相手、というのが一番ありがたい。


いつまでも過去のことにこだわりすぎる、と言われたりすると、ほんとうに悲しくなる。
こだわりたくてこだわっているのではないのだ。

今ならわかるけれど、
そういうことを言ってくる相手は、苦しんでいるのを見ると自分が動揺する、自分は今苦しみたくないから見聞きさせないで、と本当は思っているのだろう。
自分の気持ちとか弱さに向き合わないで、
「ポジティブにいこーぜ!!」と単純極まりないことを言わないでほしい。
こういうことを言う人に限って、自分がいざそういう目に遭うと、弱いのだと思う。

つくづく、知らないふりをしているだけの間違った世の中の常識を押し付けられると、より何かにのみこまれそうな感覚が強まり、支配されているという気持ちになり苦しくなる。
制御不能ということを感じとらないと、まず立て直せない。
制御不能だということくらい、言わせてくれ、言うことくらい制御させてくれ、と思ってしまう。


このままではやっていけない、そう思って心配しているつもりで、自分に火の粉がかかってくるのを嫌がっているだけかもしれない。そうかもしれないけれど、今それをいったところでどうにもならないのだ。

まあ人間みんな弱いので(私を含め)完ぺきな人なんていないのだけれど、
自分の気持ちを押し付けないで、周囲の人も一度、自分ととことんまでじっくり向き合ってほしいと、
さんざん周囲の無理解により口をつぐまされ、余計にそれで傷が深くなった私などは思ってしまうのだ。

そういう習慣が普段ないので(内省的な人は蔑まれる傾向があるマッチョ社会)、よけいに断絶は深まるのだろう。
ふだんから自分と向き合う習慣を誰もが身につけていれば、もうちょっと何かが変わる気がする。

と、だらだら書いてみました。

コメント

[C357] NHK 性的虐待特集について

すみません、自分のブログ記事にトラックバックをしてみたのですが、
できているか自信がないので、
コメント欄を利用させてくださいね(^^;)

今夜、明晩の放送です。

NHK教育「ハートをつなごう」
予告のハイライトで父親から性的虐待を受けた方のインタビューが
少し放送されたそうです。

1月25日(月)、26日(火) 午後8時~8時29分
再放送 2月1日(月)、2日(火) 午後1時20分~1時49分

[C358] Re: NHK 性的虐待特集について

MARU様、貴重な情報ありがとうございます。

じっくり語るシリーズのようですね。
ぜひ多くの方に見てもらいたいです。

今からエントリ書こうと思います。

[C365] よくわかります

私もどんなにフラッシュバックや、被害に遭った時の状況を思い出させるものに動転して、何も手に付かなくなったり、不安に襲われたかわかりません。

それが仕事中だったり、家族との対話中だったり、もう本当にしんどいです。


>いつまでも過去のことにこだわりすぎる、と言われたりすると、ほんとうに悲しくなる。
こだわりたくてこだわっているのではないのだ。


>自分の気持ちとか弱さに向き合わないで、
「ポジティブにいこーぜ!!」と単純極まりないことを言わないでほしい。
こういうことを言う人に限って、自分がいざそういう目に遭うと、弱いのだと思う。



とても共感しました(全部共感してはいますが)。

私は、他人と自分は違う、というスタンスで生きてきた。
他人の過去や痛みは、自分にはわからないとはっきり無言で意志表示している。

しかしそれは「わかりたくない」のではなくて、
「今はわからない」「言われないとわからないし、言われないのならわからないし、言われたら受け止めたい・理解したい」と思っている。
そして、他人が無理に言わなくてもいいとも思う。言ってほしいとも思う。

人には言えることと言えないことがあるだろうし、できれば言ってほしいけど、
中にはそれを悪用する人もいるので、なかなか言えない現実もあると思う。
でもできるだけ発信してほしいと個人的に思う。


私は自分を理解してもらいたいとは思わない。
奥底では思っているけれど、それは我儘なのではとも思ってしまう。

ただ、言っていることを否定されたり、
勝手に解釈して噂を流されたりするのが耐えられない。

他人との距離をうまく測ろうとすると、周りは協調性がない、という人が出てくる。
言わなくてもいいと思う、やるべきことをしていれば。
なぜ本来の目的とはずれたところで、こんなに他人を責めるのか、そして本来の目的をその人にばかりおしつけるのか。
それを誰も注意しないのか。最後にやっかいものにして追い出すのか。


被害に遭わない人には一生わからないかもしれない。
被害者はごく少数だから、わかってもらえない。

それでも、どうかわかってほしいと思う。

他人が機嫌が悪くても、「そうなんだ」と流してくれる思いやりがほしい。

[C368] allegra さま コメントありがとうございます

> 私もどんなにフラッシュバックや、被害に遭った時の状況を思い出させるものに動転して、何も手に付かなくなったり、不安に襲われたかわかりません。

> それが仕事中だったり、家族との対話中だったり、もう本当にしんどいです。

そうですよね。
まだ軽いものならやりすごせても、本当にきついフラッシュバックは、真っ青になり、表面上とりつくろうのもかなり難しいです(経験者)。


他人との境界線に、敏感になるのはとても大切なことだと思います。
なので、allegra様が書かれたように自分なりの考えをもってそれを大切にするのは、ほんとうに重要なことだと思います。


> 他人との距離をうまく測ろうとすると、周りは協調性がない、という人が出てくる。
> 言わなくてもいいと思う、やるべきことをしていれば。

日本人は特にそうですよね。
どうもそこがポイントのように思います。
個人の感じ方を大切にしない、「こうあるべき」というマジョリティの考えを押し付けてくる。
一時期「KY」という言葉が流行ったのも同じ背景でしょう。
当時わたしは、空気を読めない、んじゃなくって、「そらきって読んでるんだよ」とひとり心の中でつぶやいていました。


なんにでも、自分の考えを言うと、うるさい人がいるから、言わないという選択肢も素敵だと思います。自分を大切にできているということでもありますよね。
言わないと言えないは違うし、話さないと話せないは違って、全部決めるのは自分で、人と違っていいと思うのです。
おたがいにエンパワーしあって、それを大切にできるといいな・・・と思っています^^

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/97-5f0cacfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。