Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは、ほんとうにあったこと

前のエントリで、
被害そのものの記憶がない、ということを書いた。
まったくないわけではないが、イメージのようなものでしかない。
そのイメージは、まるで幽体離脱のように、
意識がとんで、遠くから自分を見下ろしているようなイメージだ、というようなことを。

それに関することを、「リンダの祈り」から抜粋させていただこうと思う。



「リンダの祈り」 第五章 “トラウマの正体”から一部引用 (p166~169) 
                               ※強調は引用者

 生き延びるための術

 この生き延びるための術は、性虐待の被害者をサポートする人や被害者本人も、持って生まれた性分、あるいは性格によるものとよく誤解する。しかしこれは個人の意思や性格とは関係なく、虐待を受けているなかで生き延びるために無意識に身につけたものであることを理解してもらいたい。
 被害体験のある人は、これから紹介する生き延びるための術を知ることで、性虐待によって自分が失ったものはなにか、自分はなにに傷ついたのか、“喪失からの痛み”と向き合ってほしい。そしてそれがどのような心の後遺症となって表れて自分を生きにくくしているのかを知り、喪失からの痛みを受け入れてほしい。それを出発点に、心のケアをしながら、失ったものをふたたび自分の手でとりもどしてもらいたいと思う。


 乖離

 被害者には、虐待が起きているとき、厳しい現実から逃避するために心を体から引き離す“乖離”という症状がでることがある。
 自分自身に起きたことではなく、ほかの子どもに起きたことなのだと被害者自身が言うこともめずらしくない。子どもたちは、虐待されているときの状況を、まるで自分が天井にぶらさがっている電球のなかにでもいて、そこから眺めているかのように証言する。「下のかわいそうな女の子に起きていることを上から見ていたの」と。また、虐待されている最中に乖離するため、いつ、どのように虐待されたかは覚えていない子も多い。

 ある女の子は、最後に虐待された日が九歳の誕生日だったので、日にちはよく覚えていた。その日は、友だちが家に集まり誕生日を祝ってくれていた。そこへ義理の父親が来て、彼女と話がしたいから地下室までついてくるようにと言った。そして、義理の父親はその女の子を虐待する。虐待されているあいだ、彼女は乖離し、自分は一階へ上がり、友だちとともにパーティーを楽しんでいることを空想した。そのため彼女は虐待を打ち明けたとき、どのように虐待されたのかはまったく覚えていなかった。
 ある八歳の女の子は、虐待されている最中、自分は売春婦で彼女の父親が虐待を終えたら50ドルの報酬がもらえると自分に言い聞かせた。虐待されているあいだ、彼女はショッピングをしていたからどのように虐待されたのかは覚えていないと言った。多くの被害者は現実に起きていることがあまりにも苦しいため、現実を意識しないよう、心と体を引き離して生き延びる

 私自身、現在も乖離の症状から完全に回復しているかどうかわからない。完全に回復しなくてもよいのではないかとも思う。たとえば、私のような仕事をしていると、その状況にのみこまれないよう、乖離する必要があることもある。法廷で証言するときに批判されたり、被告の弁護士から証人には適さないと攻撃されたりしたときに、私は彼らの言葉に左右されず証言するために乖離する。乖離することで平常心を保つことができるのである。
 適切な時に乖離することを身につけるのはむずかしいが、乖離にコントロールされず、自分で乖離をコントロールできれば、有効に使うことができる。


 抑圧する記憶

 性虐待を受けた人の多くは、虐待の記憶を何年にもわたって封じ込める、これが“抑圧する記憶”という症状だ。記憶とともに虐待が起きたときに沸き起こった感情も封じこめ、すべてなかったことにして生き延びるのである。しかし、成長するにしたがい、抑圧したはずの記憶が、ある小さな出来事によって一挙によみがえり、パニックにおちいることがある。

 これは55歳の女性のケースだ。彼女は病気の母親の面倒を見るために母の家を訪れた。彼女が母親の看病をしていると、義理の父親が風呂場から裸で出てきた。その瞬間、この父親から12歳まで受け続けた性虐待の記憶がよみがえった。彼女は12歳までの記憶がまったくなかったのである。
 また、ある女性は13歳のとき、自分の名前をマデリンからリンに変えた。33歳のとき、弁護士が彼女に連絡してきた際、彼女の本名のマデリンと呼んだ。その名前を聞いた途端、大好きだった祖父からの虐待を思いだした。虐待されたあと、記憶をすべて消すために名前を変えて、虐待はマデリンに起きたのであってリンに起きたのではない、と自分に言い聞かせていたのである。

 記憶を抑圧している人でも、過去に被害があったことをうかがわせる生活パターンを続ける人が多い。アルコールや薬物依存、暴力的な男女関係、離婚を繰りかえすなどだ。なぜ人間関係や仕事において問題を抱えてしまうのか、原因がわからないまま苦しみが続いているのだ。

 しかし、被害体験と向きあい、虐待について語れるようになると、このような生活パターンを変えていくことができる。虐待を受けたときのことを正確に思いだせないとパニックにおちいる人が多い。だが、虐待の詳細を思いだすことが重要なのではなくて、覚えていることにどのように対処していくか、その術を学ぶことが大切なのだ。また、私が見てきたところでは、心の準備ができると、思いだす必要のあるものは少しずつ思いだせるようになる




 ただでさえ自尊心が根こそぎうばわれてしまっていて、自分というものをやたら卑下してしまうくせがついてしまっていることもあったのだろう。
 自分以外のサバイバーの方たちは、その表現力もさながら、自分の経験したことを記憶できていることも、すごいと思っていたし、今も思っている。私は、自分は被害そのものの記憶だけではなく、それにまつわる記憶全てが思い出せなくなっていることが、怖かった。異常ではないかと思った。
 実はそれがごくごく当たり前のことだと知ったときには、本当にほっとした。自分以外のサバイバーの方たちも皆完全な記憶を持っているわけではないとも知った。

 今。私は、ほんとうに少しずつだけれど、思い出すことがふえてきた。それは、リンダさんが仰るように、思い出す必要のあるものということなのかもしれない。わたしが受け入れる準備ができてきたときに、少しずつ思い出せるようになってきたということなのかもしれない。
 詳細を思い出すのが重要ではなくて、覚えていることにどのように対処していくか。これを忘れるとまたぐらぐらになってしまいそうなので、自戒をこめて、胸に刻もうと思う。

 本当にあったことなのか、と否定したくなったり、もっとひどいことがあるのかもしれない、そしてそれがいつ思い出されるかわからない、と思い、怖くなることもある。
 でも、覚えていること、思い出されたこと。それは本当にあったことなのだ。自分を責めるのはやめよう。そして、やたらと不安がるのも、やめよう。あるかもしれないし、ないかもしれない。そのことに振り回されて、ほんとうに大切なことを見失わないようにしたい。  




リンダの祈り―性虐待というトラウマからあなたを救うためにリンダの祈り―性虐待というトラウマからあなたを救うために
(2003/06)
リンダ ハリディ=サムナーLinda Halliday‐Sumner

商品詳細を見る



※こちらは性暴力に理解のある方のみに限定させていただいています。
 別館にも同じエントリをあげています

言葉にできない孤独

私には、被害そのものの記憶がない。

いつなくなったのかはわからない。

フラッシュバック注意、と書かれてあっても、よく意味がわからなかったくらい、
いつもいつも被害が頭の中で再演されているような状態だったりもした。
でもそれさえも、断片的ではあった。

被害直後、警察に行ったとき。そのときは記憶はあった。
起きたことをそのまま話した。それは間違いない。

だけど。検察に呼ばれるまで少し間があったのだけれど。
その短い日数の間に、どんどん記憶が薄らいでいった。
忘れるというよりも、脳の中に膜がかかっているような感覚だった。
そんなことは初めてで。
そんな自分に混乱した。
あれだけのことを、どうして、忘れてしまうのだろう、と。
こんなに短い日数で記憶が薄らぐということは、経験したことがなかった。

嘘だと思われたくない。
どうなるのかまったくわからないまま、とにかく必死だった。
出てきたら殺される。
ちゃんと話さなくては。
その一心だった。

必死で忘れないようにすると、どうしても思い出さざるを得ない。
常に考えていなくてはならない。
そうすると必然的に、生活に支障が出る。まともに立っていられない。
考えないようにしないと生活できない。


そうやって必死で暮らしていたのだけれど、
私の心の中でそういった葛藤や苦しみがあったことは、周囲には言えなかった。
直後に連絡をした、当時の恋人しか被害のことは知らなかった。
自宅に戻ることができず、そのまま居候することになった。

友人には知らせられなかった。
付きまとわれている間のことも、
友人には、あまりのことに話せなかったし、話すエネルギーさえなかった。
へたに何とかしようとしてくれて、よりひどいことになるのを恐れた。
誰にでも簡単に危害を加えることを何とも思わない相手だったから。


なにより、つきまとわれている間のおかしな状況を、
うまく話せる自信がなかったし、言葉にできないほど、無力感でいっぱいだった。
早く殺して欲しいと思ったくらいだった。ずっとナイフをのどにあてられているような感じ。
ようやくあきらめてくれたかと思ったとき、被害に遭った。


恋人には、支えてくれているのに申し訳ないと思ったし、迷惑をかけてはいけないと思った。
何が起きたか知っている恋人からも、
そして何も知らない周囲からも、一見、普通過ぎるほど普通に暮らしているように思えただろう。


でも実は、後ろからの足音というのがとても怖くて、
自分の後ろに誰かがいる、というのがとても怖くて。
たとえば電車を降りてからも、すぐには動けなかった。
みんなが階段をのぼったりおりたりした一番最後に、
手すりに体をくっつけるようにして、まるでカに歩きのように、
横向きに階段を上ったり下りたりしていた。
後ろがとても怖くて。

でも、このことは誰にも言えなかった。
誰かと一緒にいるときはそんなことはなかったので、誰も知る機会がなかった。
これが一番、日常生活を制限させる後遺症だった。


他にも。
ふとした瞬間に、なにもかもが変わってしまった、と実感してしまうことがあった。
日常のささいなことがきっかけで、それはよくあった。
あまりにささいなことすぎて、それが逆にとても悲しかった。
たとえば、以前は喜んでいたことに何の反応もできなくなったとき。
好きな食べ物、好きな場所、好きなこと。
・・・そういったことにだんだんと無反応になっていった。
時間が経つにつれ、どんどん無気力になり、どんどん何もできなくなった。
ひどい鬱状態と、PTSDに悩まされた。


たちの悪いことに、被害後すぐ、というわけではなかったので、よけいに周囲の無理解を招いた。
被害後すぐというのは逆に、なぜか必死でそれまでの生活と同じことをしようとしていた。


もういいだろう、と言われたときには、心底驚いた。
もう終りにしたいね、疲れたね。
憔悴しきった顔で言われた。


告訴を取り下げろ、という意味だった。


それを聞いたとき、どれだけ、自分におこったことが周囲を苦しめているのか、わかった。
そして、自分が必死に普通に暮らそうとしていることで、
どれだけ苦しんでいるのかが理解されていないのも痛感した。
この人さえも、「大げさにさわいで」という感覚でいるのか、とさえ思い、絶望した。


でも、どうしても告訴取り下げはできなかった。
「ふつうにかんがえて、もう何もしないよ。今度なにかしたら、おわりなんだから」
そう言われたけれど。


その「ふつう」が通用しない相手なのだから、こういうことになったのだ。
その異常さ、怖さを知り尽くしている私には、納得できなかった。
私のふだんいる場所も、ふだんどこに行っているのかも把握されている。
実家も、家族も、友人も。


訴えたくて訴えたんじゃない。今ならそういえるだろう。
終りになんかならない。また恐怖の始まりだと、言えただろうか。
だけど。当時の私はあまりに若く、自分の気持ちを表現する言葉を持たなかった。
あまりに混乱し傷ついていた。


こんなに苦しいのに。こんなに傷ついているのに。

そう言えたら何かが変わっていただろうか。
小さい頃から我慢をするのが当たり前だった私には、
自分のつらさを主張するのはとんでもなくワガママなことと思えた。
自分が我慢することで丸く収まるのなら、と、我慢し続けていた生活だった。
それを破れたのは、ほんとうに、ここ2.3年だ。


結局、一緒にいるのがつらすぎて、その恋人とは別れた。
私から切り出した。
ようやく最後に、無神経な発言をいっぱいした、と途切れ途切れに伝えた。
それが精一杯だった。
そのとき初めて、私がどれだけ我慢していたかを彼も気付いたようだった。
はっとした顔で、ごめん、と言われたけれど、
もう何もかもが遅すぎた。


今ならわかる。
あのことがなくても、きっといつかはそうなる運命だったのだと。
あまりに価値観が違いすぎた。
大事にするものが違いすぎた。
でも、当時の私には、彼しか助けてくれる人はいなかった。
頼りすぎていたと思う。
だけど彼はよく、「肝心なことは頼らないね」と私に言っていた。
すれ違いが大きかった。

おたがい未熟で、おたがい伝えるべきことを伝えないでいた。
相手を尊重しながらも自分の気持ちを伝える、ということができなかった。
重要なことに、きちんと向き合って話しあう、ということができなかった。
話題にするのは怖かった。
口にすることさえ苦痛だった。
彼も同じだっただろう。


ここ最近、ようやく、自分の過去の経験に真剣に向き合っているけれど。
ふしぎと、断片的にしかやはり記憶がない。

まず、被害そのものの記憶はない。
イメージのようなものしかない。
それも、しかも、まるで幽体離脱のように、
私の目は私の顔の中にはなく、部屋の天井にうきあがって私を見下ろしている。


そして、被害前後の記憶も曖昧だ。
ただ、何かいやだ、と感じるものには、かなり関係しているものが多いとわかった。

そして、二次被害、三次被害と続いた地獄のような日々。
ほんとうに、肝心なところが記憶がない。
かなり混乱した記憶となっている。


あまりに辛すぎる記憶は抑圧される。
だが脳の中から消滅したわけではないので、
なんらかのきっかけ(思い出させるような状況、よく例えられるのが音や匂い等)で、
記憶のふたがあきそうになり、苦しくなる。
そういう説明を受けた。


当時は誰もそんなことを教えてくれなかった。
その知識があれば、どれだけ楽になっただろうか。

私だけが異常なのか、頭がおかしくなったのかと悩んだ。


でも、多くの被害者の方の話を聞いて、
被害そのものの記憶がないのも、
まるで幽体離脱のような状態なのも、
ふつうだとわかった。

人間の心ってすごいね、と変に感心して笑いあった。
これは同じ被害に遭った者同士だからできる会話。
ふつうならわかってもらえないこと。
それを安心して話せる相手。

たくさんのつながりが、救いとなることもある。

そういうつながりを、たくさん見つけていきたい。



私がとても好きな本。

リンダ・ハリディ=サムナー著 「リンダの祈り」

「リンダの祈り」 p1~3 「まえがき」より引用

 この23年間、カナダで性虐待の専門家として、被害者が加害者を告訴した際の法廷支援を中心に仕事をしてきました。これまでに支援した人の数は5000人を超えます。こうした仕事をはじめた理由は私も被害者の一人だからです。
 私の人生は長いあいだ危機と混乱の連続でした。6歳から16歳までの10年間、父から性虐待を受けました。祖父にも性的な接触をされています。自暴自棄におちいって14歳で売春に走り、少年院に送られたこともあります。28歳までに、何人もの男に強姦されました。そして、心の痛みを忘れるために何年間も、精神安定剤に依存し、お酒に溺れ、不倫を重ね、自殺も図りました。
 このような経験をしてきた私が本書を出版するには、理由があります。どのような虐待だろうと、虐待を受けた側に責任はないということを伝えたかったのです。虐待を受けた多くの人は、すべての責任は自分にあると感じて、無力感でいっぱいになっています。けれども、あなたに責任はないのです。
 同様に、虐待を受けた多くの人は、自分は一人ぼっちだと感じて、孤独におちいっています。しかし、決してあなたは一人ぼっちではありません。
 たとえ激しい心の痛みを経験したとしても、それを癒して乗り越えることができる、人生は自分の力で生きていくことができる、希望の光はある、と伝えたかったのです。本書を通じて、私の得てきた経験と知識をみなさんと分かちあいたいと思います。
 また、被害者だけでなく、被害者の家族や友人、深い心の傷を負った人をサポートする人たちの、性虐待被害者への理解と共感をもたらす助けとなることを望んでいます。そして、性虐待を私たち社会の問題として、多くの人たちに伝えられることを強く願っています。(中略)
 よい思い出も、思いだしたくないことも、すべての人生経験が、今の自分を築き上げているのです。それらの経験とどう向きあうかは、私たち一人ひとりにかかっています。
 本書が、あなたの人生を創造的に再構築できるツールとなることを望んでいます。どのようなツールでも使い方は一人ひとりにゆだねられます。知識と経験は力です。ここに書かれているメッセージのすべては、私から日本のみなさんへのプレゼントです。
 あなたの心の暗闇に光が射しこむことを、心から祈っています。
                                   
                                     リンダ・ハリディ=サムナー

 



リンダの祈り―性虐待というトラウマからあなたを救うためにリンダの祈り―性虐待というトラウマからあなたを救うために
(2003/06)
リンダ ハリディ=サムナーLinda Halliday‐Sumner

商品詳細を見る


大好きな本です。この本と、リンダさんと出会えたこと、感謝しています。



※こちらは性暴力に理解のある方限定です。別館にも同じエントリをあげています

被害にあわれた方へ メッセージ

被害に遭われた方へ

まず、あなたに伝えたいのは、あなたは決して悪くないということです。

どんな事情であっても、悪いのは加害者であり、あなたは決して悪くないのです。

病院での診察、警察や検察での取り調べ等、とても不安だったのではないでしょうか。
たくさん嫌なことを聞かれ、言いたくないことも話さなくてはならなかったのではないでしょうか。
もしかしたら、自分が自分でないような不思議な感じになってしまったり、感情がまひしてしまったように感じたり、あるいは、ひどいフラッシュバックでずっと恐ろしい思いをして苦しんでいるのではないでしょうか。傷ついているあなたが、そうやって必死に痛みと闘っているのを思うと、とても心配です。


もしかしたら、誰にも言えずに、どこに行っていいかわからずに、自分の胸にしまいこんでいるかもしれません。それはそれで、とても辛いことだと思います。


私が被害に遭った時、まさか自分がそんなことに巻き込まれるなんて思ってもいなかったので、
これからどうなるのか、どうすればいいのか、全くわかりませんでした。
誰か同じ思いをした人はいないのだろうか。そう思っても、自分のまわりにはいない。自分だけが変になってしまった。変わってしまった。そう思って、とても孤独だと思いました。
誰か、どうすればいいか教えてほしいとも思ったり、でも、同じ思いをした人の話を聞くことも怖いと思ったりの繰り返しでした。
いったいどうすればいいのか、まったくわかりませんでした。


どうして自分が・・・。何度考えても答えが出ませんでした。あのときああしていれば。こうしていれば。
何度も何度も考えて自分をより苦しめていました。
もしかしたらあなたも、答えのない答えを考えて、より傷ついてしまっているのではないかとも、心配しています。

あなたのせいではないのです。あなたは、何も悪くないのです。あなたの身に起きたことは不本意なことであって、あなた自身は、何も変わってなどいないのです。

不本意に、悪意ある加害者によって傷つけられるということは、本当に許せない、あってはならないことです。
どんなに、怖かったことでしょう。恐ろしかったことでしょう。今でも怖いかもしれません。
それだけ恐ろしい思いをしたのだから、いろんな反応が出て、当然です。
どういう心の反応が出ても、身体の症状が出ても、当然のことです。あなたがおかしくなったということではありません。

あなたはとても辛い経験をし、今もその苦しみの渦中にいるのではないか、そう思うと、今すぐとんでいって、大丈夫だよ、と安心させてあげたい、とさえ思います。

わたしは、どうしても、あなたを守りたいと思っています。
絶対に、これ以上、あなたが傷つくことがあってはならない。そう思って、活動しています。

どうか、ご自分を責めないでください。
何度でもいいます。あなたは決して悪くないのです。

心の傷は見えない分、なかなか理解してもらいづらいかと思います。
もしかしたら、周囲の人も、あなたを大事に思うあまり、どこにも向けようのない怒りを感じて、それをあなたにぶつけてしまい、あなたはそれでさらに傷つくかもしれません。
もしかしたら、あなたは、反応できないほど傷ついているかもしれません。
自分のせいだと、そう思って、より苦しんでいるのではないかと心配です。

突然こんなことに巻き込まれて、どんなに不安で、怖くて、どうしていいかわからない、誰に相談していいかわからない。そう思って、ひとり悩んでいるのではないかと心配です。

とても警戒心が強くなってしまったり、自暴自棄になってしまったり、逆に、誰かに助けてほしいと強く願ったり。いろんな思いを経験しました。
ケアしてくださっている方にも、うまく話せず、そういう自分が悪いのだとさえ責めたりもしました。
ただただ、どうしていいかわからないまま、毎日、なんとか一日をすごすのが精一杯でした。

誰にも話せない。誰にも相談できない。そういうふうに孤独感を感じて、とても悲しくなるときもあるかもしれません。
そう思って辛くなったときは、どうぞ、遠慮なく、私にメールしてください。
もちろん匿名で構いません。話したくないことを無理に話す必要はありません。話したいときに、話したいことだけ、話してください。

もしかしたら、わたしが知っていることで、お役にたてることがあるかもしれません。
あなたを、心から、支えたいと、そう、思っています。
あなたの痛みを、悲しさを、悔しさを、怒りを、わかりたいと、思っています。
あなたがどんなことを思っても、感じても、どんな選択をしても、わたしは、あなたの味方でありたいと、そう思っています。

どうか、希望を捨てないでください。
あなたは、何も変わってなどいない、前と同じ、素敵な女性のままなのですから。
あなたは、誰にとっても、大事な大事な存在のままなのですから。



Appendix

文字を大きく・小さく

    コメント・TBについて        

    ※ こちらは性暴力被害当事者、性暴力に理解のある方、管理人と友好関係にある方向けです。   
    ※ 上記に該当しない方は別館 へお願いいたします。
    ※ 被害者を傷つける内容、また理解しようという努力、対話する姿勢が感じられないコメントはお断りいたします。
    ※ この場の安全を守れないと判断したコメントは削除もしくは承認しません。節度のある言動をお願いいたします。

    ※ 引用する際には必ずTBをお願い致します。ただし性暴力被害者が傷つく可能性があるものは、承認しない場合があります。

    プロフィール

    てん

    Author:てん
    メール:

    (※★→@で送信可)
    itisnot_yourfault★yahoo.co.jp


    性被害にあって十数年たちます。
    刑事裁判経験者です。

    二次被害三次被害等、過酷な経験をし、性被害の後遺症もところどころありますが、それでも、わたしは生きています。今は、生きていてよかったと思います。

    だから、同じ被害にあったあなたたちに伝えたい。
    あなたは何も悪くない。どんな事情があったにしろ、あなたは悪くないのです。どんな特殊性があったにしろ、望みを捨てないでほしいのです。

    悪いのは加害者であり、無理解な社会です。あなたは、何も変わってなどいない。とても素敵なところをいっぱいもっている、素敵な人のままなのだから。


    最新記事

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -





    記事一覧 

    2012年 08月 【5件】
    2011年 07月 【1件】
    2011年 04月 【1件】
    2011年 02月 【1件】
    2010年 11月 【1件】
    2010年 10月 【2件】
    2010年 08月 【2件】
    2010年 07月 【3件】
    2010年 06月 【1件】
    2010年 05月 【3件】
    2010年 04月 【1件】
    2010年 03月 【3件】
    2010年 02月 【3件】
    2010年 01月 【11件】
    2009年 12月 【9件】
    2009年 11月 【15件】
    2009年 10月 【8件】
    2009年 09月 【13件】
    2009年 08月 【11件】
    2009年 07月 【11件】
    2009年 06月 【9件】
    2009年 05月 【4件】



    ブログで世界旅行(世界遺産編)

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    キャンペーン

    空色リボン・キャンペーン ※性虐待サバイバーのサイト「パーシーの花園」に解説文あり。クリックして一読を!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。